スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
コスタリカ:黄熱予防接種証明の携行
1.黄熱予防接種証明書(イエローカード)の携行について

  在コスタリカ日本国大使館によると、コスタリカ政府・移民局は、7月30日
 以降、黄熱発症地域(ボリビア、ベネズエラ、ブラジル、ペルー、コロンビア、
 エクアドル、仏領ギアナ、アンゴラ、ベナン、ブルキナファソ、カメルーン、
 コンゴ民主共和国、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、リベリア、ナイジェリ
 ア、シエラレオネ及びスーダン)からコスタリカへ入国する者に対し、黄熱予
 防接種証明書(入国の10日以前に接種したもの)の提示を求めることとなり
 ました。
  上記の国を経由してコスタリカへ入国される際には、黄熱の予防接種を受
 け、予防接種証明書を携行してください。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:中米 - ジャンル:海外情報

【2007/05/21 18:21 】 | 中南米地域の渡航情報 コスタリカ
サンホセ(コスタリカ):邦人旅行者の盗難被害多発に対する注意喚起
1.コスタリカの首都サンホセにおいては、窃盗・強盗が多発しており、多
 くの邦人旅行者が被害に遭っています。コスタリカへ渡航・滞在される方
 は、下記被害例及び注意事項に留意の上、被害に遭わないように注意して
 ください。

2.最近の被害例(手口)
(1)4月3日、長距離バスを利用して地方から首都サンホセへ向かう途中、
  休憩地点にて休憩後、再度乗車する際、ひとりの男がみんなの荷物を親
  切に網棚に載せてくれた。別の男が被害者の座席隣に座り、小銭をばら
  まき、拾うのを手伝って欲しいと話しかけて床に注意を向けた。気がつ
  くと、先ほどの親切な男と隣の座席の男が被害者の荷物を持って逃走し
  た。(同様の事件は、2007年だけで、1月30日、3月1日及び同9日にも発
  生しています。)

(2)3月3日、長距離バスターミナルにおいて勧誘されたタクシーに乗車し
  たところ、運転手が目的地を少し超えた場所に停車したため、歩いて目
  的地に戻った。すると、タクシーのあとを追いかけてきた、タクシー運
  転手の仲間と思われる犯人に拳銃で脅され荷物を強奪された。
続きを読む

テーマ:中米 - ジャンル:海外情報

【2007/04/27 19:57 】 | 中南米地域の渡航情報 コスタリカ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。