スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
コロンビアに対する渡航情報(危険情報)の発出
メタ県、カケタ県、アラウカ県、プトゥマジョ県、グアビアレ県、ナリ
 ーニョ県、カウカ県、カサナレ県、ビチャダ県、ノルテ・デ・サンタン
 デール県、ウイラ県
(ネイバ市を除く)、アンティオキア県(メデジン市
 を除く)、バジェ・デル・カウカ県(カリ市及びパルミラ市を除く)、 リサ
 ラルダ県
(ペレイラ市を除く)、チョコ県、グアヒラ県、サンタンデール
 県
(ブカラマンガ市を除く)及びボリーバル県南部
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)

セサール県、マグダレナ県、スクレ県、コルドバ県、ボジャカ県、
  カルダス県
(マニサレス市を除く)、キンディオ県(アルメニア市を除く)、
  トリマ県、グアイニア県、バウペス県、アマゾナス県(レティシア市を
  除く)、クンディナマルカ県、ボリーバル県北部(カルタヘナ市旧市街
  地を除く)、ブカラマンガ市、ペレイラ市、ネイバ市、カリ市、パルミラ
  市
、(ボゴタ首都区の一部を含む)
    :「渡航の是非を検討してください。」(一部引き下げ)

 ●ボゴタ首都区北部及び西部、メデジン市、カルタヘナ市旧市街地、アル
  メニア市、マニサレス市、サンアンドレス諸島及びレティシア市
    :「十分注意してください。」
     (サンアンドレス諸島は継続、その他の都市については引き下げ)

                     → 地図1、 地図2、 地図3、 地図4

1.概況
  コロンビアでは、FARC(コロンビア革命軍)やELN(国民解放軍)といった
 左翼ゲリラが存在し、治安当局との間で武力を用いた対立があるほか、
 各地でテロ活動や誘拐等を行っています。
  昨年8月に政権二期目をスタートさせたウリベ大統領は、治安要員の増
 強、治安対策の強化を進めており、引き続き治安状況の改善傾向がみられ
 ます。昨年の大統領就任式典においても大きな混乱はなく、ボゴタ首都区
 での治安状況の着実な回復を印象付ける結果となりました。
  国内の和平については、同年8月にパラミリタリーの武装放棄プロセスが
 終了したほか、左翼ゲリラELNについてはコロンビア政府とELN指導部との
 直接対話が継続されています。しかし、国内最大の左翼ゲリラFARCについ
 ては、依然地方都市や山間部を中心に勢力を保持し、治安当局やエネルギ
 ー施設に対するテロ攻撃や誘拐等を継続しています。また、昨年10月にボ
 ゴタ首都区北部で発生した国軍大学での爆弾テロを契機に、コロンビア政
 府はFARCに対する態度を硬化させていることもあり、引き続き治安情勢の
 動向には十分注意を払う必要があります(なお、同事件以降ボゴタ首都区
 北部で発生した爆弾テロ事件はありません)。
  また、殺人、強盗等犯罪発生件数は依然として高く、コロンビアの治安情
 況を十分理解していない邦人旅行者が、強盗、スリ、置き引きなどの被害
 に遭っています。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/04/05 13:36 】 | 中南米地域の渡航情報 コロンビア
コロンビア:カリ市での爆弾事件発生に伴う注意喚起
1.コロンビアについては、これまでも累次にわたり危険情報やスポット情報
 において注意を呼びかけていますが、依然として大都市、地方を問わず爆
 弾テロ事件や誘拐事件等の発生がみられています。

2.11月8日付けスポット情報「コロンビア:最近の治安情勢における注意喚
 起」でも注意を呼びかけているとおり、現在コロンビア政府と左翼武装勢力
 である国民解放軍(ELN)との間では、本格和平交渉に向けた直接対話が
 進み、和平の機運が高まっている反面、コロンビア革命軍(FARC)との関
 係には依然として進展がみられず、各地でFARCによるとみられるテロ事件
 が多発しています。
  特にコロンビア第三の都市であるカリ市では、ここ数日以下のような爆弾
 事件が相次いで発生しています。
続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2006/11/24 15:04 】 | 中南米地域の渡航情報 コロンビア
コロンビア:最近の治安情勢に伴う注意喚起
1.コロンビアにおいては、アンティオキア県(メデジン市を除く)等に「渡航の
 延期をおすすめします。」、首都ボゴタ等に「渡航の是非を検討してください。」
 の危険情報を発出し、また、これまでもスポット情報において注意を呼びか
 けていますが、依然として都市部、地方を問わず爆弾テロ事件や誘拐事件
 等の発生がみられます。

2.コロンビア政府と左翼武装勢力である国民解放軍(ELN)との間では、本
 格和平交渉に向けた直接対話が進み、和平の機運が高まっている反面、
 コロンビア革命軍(FARC)との関係には依然として進展がみられません。
  特に、10月19日に発生したFARCによるとみられるボゴタ市北部の国軍
 大学での爆弾テロ事件以降、同国政府とFARCとの関係は緊張し、最近、
 各地で以下のようなFARCによるとみられるテロ事件が多発しています。
続きを読む
【2006/11/08 15:13 】 | 中南米地域の渡航情報 コロンビア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。