スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ジャマイカに対する渡航情報(危険情報)の発出
●首都キングストン市
    :「十分注意してください」(継続)
                               → 地図1、 地図2

1.概況
(1)ジャマイカでは、首都キングストン市のダウンタウン地区及びスパニッシ
  ュ・タウンなどの首都圏を中心に、武器や麻薬の密輸に絡んだギャング同
  士の抗争による銃撃戦が発生するなど、治安は深刻な状況にあります。
  殺人事件を含む凶悪犯罪の約6~7割はキングストン市及びその周辺地
  域(スパニッシュ・タウン、ポートモア等)に集中しています。これら事件の
  加害者及び被害者のほとんどがジャマイカ人ですが、外国人が負傷する
  事件も発生しています。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:中米 - ジャンル:海外情報

【2007/05/11 15:14 】 | 中南米地域の渡航情報 ジャマイカ
キングストン市(ジャマイカ):マラリアの発生
1.キングストン市におけるマラリア等の発生について
  2006年12月2日、ジャマイカ保健省は、ジャマイカ国内においてマラリア
 病の発症を確認し、マラリア警報を発しました。発症した地域は、キング
 ストン市ダウンタウン地区内の西側に位置するデラクリーパーク(Delacree
 Park)、デンハムタウン(Denham Town)、トレンチタウン(Trench Town)、チ
 ボリガーデン(Tivori Gardens)及びスパニッシュタウンのシデナムビラ
 (Sydenham Villas)です。
  最初に確認されたのは11月6日のことで、以後23人がマラリアの症状を
 訴え検査の結果、現在まで子供5人を含む13人の感染が確認されていま
 す。以後感染者が増えることが予想されます。
  発生源は現在のところ特定されていませんが、上記マラリアが発生した
 地域は、衛生状態があまり良くない地域と言われています。
  ジャマイカ政府は、マラリアの発生に関し、緊急対策チームを立ち上げ、
 発生地へ派遣するとともに、アメリカ保険機構からマラリア対策の専門家
 2名の援助を依頼したことを明らかにしました。
  つきましては、ジャマイカへ渡航、滞在予定の方は以下2.防虫対策等に
 十分注意してください。
  なお、ジャマイカに対しては別途渡航情報(危険情報)が発出されている
 ので併せてご確認ください。
続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2006/12/07 15:58 】 | 中南米地域の渡航情報 ジャマイカ
ジャマイカに対する渡航情報(危険情報)の発出
●首都キングストン市:「十分注意してください」(継続)
                                → 地図1、 地図2

1.概況
(1)ジャマイカでは、首都キングストン市のダウンタウン地区及びスパニッシュ・
  タウンなどの首都圏を中心に、武器や麻薬の密輸に絡んだギャング同士の
  抗争が発生するなど、治安は深刻な状況にあります。殺人事件を含む凶悪
  犯罪の約6~7割はキングストン市及びその周辺地域(スパニッシュ・タウン、
  ポートモア等)に集中しています。これら事件の加害者及び被害者のほとん
  どがジャマイカ人ですが、外国人が負傷する事件も発生しています。
続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2006/08/11 15:27 】 | 中南米地域の渡航情報 ジャマイカ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。