スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ニカラグアに対する渡航情報(危険情報)の発出
以下の地域:「十分注意してください。」(継続)
 ●マタガルパ県(エル・トゥマ市、ラ・ダリア市の一部地域)
 ●北大西洋自治区(シウナ、ロシータ、ボナンサ各市を結ぶ三角地帯)
 ●ヒノテガ県(ウィウィリ市の一部地域及びホンジュラスとの国境地帯)
 ●ヌエバ・セゴビア県(ムラ、ウィウィリ各市の一部地域及びホンジュラ
  スとの国境地帯)

以下の地域:(危険情報の解除)
 ●南大西洋自治区(ラ・クルス・デ・リオ・グランデ市の一部地域)

→ 地図

1.概況
(1)ニカラグアにおいては、現在まで日本政府、日本企業等の日本権益
  を特定の攻撃目標とする組織はなく、日本人がテロの被害となった事
  例もありません。
   国家警察が公表した2006年中における犯罪認知件数は、120,509件
  で、前年と比べ16,406件(15.8%)増と大幅な増加傾向にあります。
  特に凶器や暴力を伴った強盗の凶悪犯罪が増加しており、治安の悪化
  が懸念されています。また、これまでは首都マナグアにおいて犯罪が
  多発していましたが、近郊のマサヤ、グラナダ、レオン等にも発生が拡
  散しています。

(2)ニカラグア国軍によれば、国内9か所に約7千個の対人地雷が埋設さ
  れており、現在、国軍は2007年中の地雷の完全除去に向けて作業して
  いますが、難航しています。また、北大西洋自治区のシウナ市、ロシ
  ータ市及びボナンサ市を結ぶ三角地帯では、非合法武装グループの
  残党に対する掃討作戦が未だ継続しており、注意が必要です。なお、
  南大西洋自治区(ラ・クルス・デ・リオ・グランデ市の一部地域)では地
  雷除去が完了したので、危険情報を解除します。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/02/07 02:34 】 | 中南米地域の渡航情報 ニカラグア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。