スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
アルジェリア:アルジェ県中心部ほかにおける連続爆弾テロ事件に伴う注意喚起
1.報道等によれば、4月11日10時45分頃(現地時間)、アルジェリアの首都
 アルジェ県内2か所でほぼ同時に複数の自動車爆弾が爆発し、少なくとも24
 人が死亡、222人が負傷しました。1か所は首相府前での爆発であり、12人
 が死亡、135人が負傷し、もう1か所は同県東部のバベズアール地区の警察
 署と電気施設前での爆発で、12人が死亡、87人が負傷し、いずれの爆発で
 も周囲の建物に被害が出ました。同日午後、イスラム過激派組織「サラフ
 ィスト布教聖戦集団」(GSPC、本年1月末に「イスラム・マグレブ諸国のアル
 ・カーイダ組織」と名称変更)が犯行声明を出しています。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2007/04/12 21:49 】 | アフリカ地域の渡航情報 アルジェリア
アルジェリア:テロの脅威に関する注意喚起
1.在アルジェリア米国大使館は、3月12日付けで、アルジェリアにおいて過
 激派が欧米人労働者の乗った民間機に対する攻撃を計画している可能性が
 あるとして、警告を発出しています。同警告によれば、どの航空会社が狙
 われるか、またいつ計画が実行されるか等、具体的情報は得ていないとの
 ことですが、下記のとおり最近アルジェリアにおいてはテロ事件が連続し
 て発生し、外国人の被害も出ていることから、テロの脅威に対する注意が
 必要です。

続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/03/15 00:58 】 | アフリカ地域の渡航情報 アルジェリア
アルジェリア:ブーメルデス県及びティズィ・ウズ県における連続爆弾テロ事件
1.2月13日未明(現地時間)、アルジェリア北部のブーメルデス県の3か所
 とティズィ・ウズ県の3か所で、ほぼ同時に計7個の爆弾が爆発し、市民4
 人、治安関係者2人の計6人が死亡、市民3人、治安関係者10人の計13人
 が負傷しました。
  事件は13日の午前4時から4時半にかけて発生し、ブーメルデス県では
 ブーメルデス市とシー・ムスタファ地区で車両爆弾が、スーク・エル・ハー
 ド地区で2つの爆弾が爆発し、ティズィ・ウズ県ではドラア・ベン・ヘッダ、メ
 クラ、イルラ・ウマルの各地区で車両爆弾が爆発しました。
  本事件に関しては、イスラム過激派組織「サラフィスト布教聖戦集団」
 (GSPC、本年1月末に「イスラム・マグレブ諸国のアル・カーイダ組織」と
 改称)が犯行声明を出したと報じられており、治安関係者を狙った犯行で
 あるとみられます。
続きを読む

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2007/02/14 21:43 】 | アフリカ地域の渡航情報 アルジェリア
アルジェリア:アルジェ県スタウェリ地区における爆弾テロ事件
1.報道等によれば、12月10日17時30分頃(現地時間)アルジェ県スタウェ
 リ地区において、米国企業現地法人の従業員らを乗せた車列に対する手
 製爆弾による爆弾テロ事件が発生し、運転手1人(アルジェリア人)が死亡
 し、他9人(レバノン人2人、英国人4人、米国人1人、カナダ人1人、アルジ
 ェリア人1人)が負傷しました。その後本事件に関し、信憑性は明らかでは
 ありませんが、アル・カーイダとの関係があるイスラム過激派組織「サラ
 フィスト布教聖戦集団」(GSPC)が犯行声明を出しています。
続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2006/12/13 21:36 】 | アフリカ地域の渡航情報 アルジェリア
アルジェリアに対する渡航情報(危険情報)の発出
下記以外の地域
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●地方主要都市
  モスタガネム市、ティアレット市、アイン・テムシェント市、
  シディ・ベラベス市、ビスクラ市、ラグアット県ハッシ・ルメル市、
  ウアルグラ県及び砂漠地帯中部(タマンラセット県)

    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●オラン県、コンスタンティーヌ県、トレムセン県、ガルダイア県、ティパザ県、
  ブーメルデス県、ブイラ県、ボルジ・ブ・アレリジ県、セティフ県、
  アンナバ県、スキクダ県、エルタルフ県、砂漠地帯東部(イリジ県)
    :「十分注意してください。」(引き下げ)
●首都アルジェ県及び砂漠地帯西部(アドラール県)
    :「十分注意してください。」(継続)
                                    → 地図

1.概況
(1)アルジェリアの治安情勢は、国家非常事態宣言の継続等政府・治安当
  局による警備強化により全体的に改善していますが、テロは未だ東部の
  山岳地帯やアルジェ県周辺の山間部地帯で散発的に発生しており、報道
  等によると、2005年には一般市民87人、治安関係者191人がテロの犠牲
  になっています。
続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2006/11/29 21:04 】 | アフリカ地域の渡航情報 アルジェリア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。