スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
エチオピアに対する渡航情報(危険情報)の発出
ティグライ州最北部及びアファール州最北部
    :「 退避を勧告 します。」(継続)
ソマリ州全域、ディレダワ及びハラール地域
    :「渡航の延期をお勧めします。(退避の可能性も検討してくださ
     い。)」(継続・対象地域の拡大
ガンベラ州全域
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
ティグライ州西部、アファール州中部・南部、オロミヤ州南部、
  南部諸民族州西部・南部及びベン・シャングル州西部

    :「渡航の是非を検討してください。」(継続・対象地域の縮小)
●その他の地域
    :「十分注意してください。」(継続)
                                    → 地図

1.概況
(1)エチオピアでは2005年5月に総選挙が行われましたが、6月と11月には
  選挙結果を巡って首都アディスアベバで野党を支持するデモ隊と警官隊
  との間で衝突が発生し、多数の死傷者及び逮捕者が出ました。また、そ
  の後アディスアベバ市内各地で発生した暴動は地方都市にまで拡大し、
  住民と治安部隊との衝突により多数の死傷者が発生しました。現在、総
  選挙結果をめぐる暴動の刑事責任を問われて逮捕された野党幹部等の
  裁判が行われており、裁判の行方等によっては治安情勢が不安定化す
  る可能性もあります。

(2)アディスアベバでは、2006年3月と5月に爆弾による死傷事件が発生し、
  ソマリ州ジジカでは、5月と9月に爆弾による死傷事件が発生しています。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/01/15 17:40 】 | アフリカ地域の渡航情報 エチオピア
エチオピア:ソマリア情勢を受けたテロの脅威の高まり
1.
(1)エチオピア隣国のソマリア国内においては、「イスラム法廷連合」(UIC)
  とエチオピア軍の支援を受けたソマリア暫定連邦政府(TFG)軍との間で
  衝突が発生しています。これまで、エチオピアは、自国軍がソマリア国内
  で軍事展開していることを否定していましたが、12月24日、エチオピア国
  防省は自衛措置を開始した旨公表し、その軍事展開を公式に認めたほか、
  エチオピア軍がソマリア領内で空爆を開始したとの報道もあり、ソマリア
  情勢は一層緊迫しつつあります。

(2)「イスラム法廷連合」は、エチオピアに対する聖戦(ジハード)への参加を、
  ソマリア国民のみならず、他国のイスラム教徒に対しても呼び掛けていま
  す。27日現在、首都アディスアベバ市内等においては警備の強化が行わ
  れており、エチオピア国内でテロ等不測の事態が発生する可能性は排除
  されません。
続きを読む

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2006/12/28 19:25 】 | アフリカ地域の渡航情報 エチオピア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。