スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
コートジボワールに対する渡航情報(危険情報)の発出
西部地方 (トゥバ、セゲラ、ズクブ及びグラン・ベレビー各都市を結ぶ
         ライン以西の地域)

    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(継続)
北部地方 (トゥバ、セゲラ、ズクブ、ダロア、ティエビス、ボンゲラ及び
         コトゥバ各都市を結ぶライン以北の地域)

    :「渡航の延期をお勧めします。」(引き下げ)
首都ヤムスクロを含むその他の地域(含:アビジャン)
    :「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)
                                    → 地図

在コートジボワール日本国大使館は、現地の情勢等にかんがみ、2006年4月28日をもって現地における業務を一時停止し、在フランス日本国大使館内一時事務所においてその業務を継続しています。


1.概況
(1)トゥバ、セゲラ、ズクブ及びグラン・ベレビー各都市を結んだライン以西
  の地域は緊張が継続し、バンゴロ近辺では、民兵等による他地域出身
  者への襲撃が行われているとの情報があります。
また、同地域は隣
  国リベリアから流入した傭兵の影響を強く受けており、情勢は非常に不
  安定です。

(2)3月、ズクブ、ダロア、ティエビス、ボンゲラ、コトゥバ各都市の以北を占
  拠していた「新勢力」とコートジボワール政府との間でワガドゥグ政治合
  意がなされ、新政府が樹立されるなど和平への兆しが見えてきました。
  また、国連が設定していたいわゆる「信頼区域」は本年12月16日までに
  順次撤廃されることになりました。

(3)2006年1月、国連決議1633に基づき設立された国際ワーキング・グルー
  プが下した結論に抗議する「若き愛国者達」を中心とする学生数百人が
  アビジャン市内のフランス大使館前及び国連事務所に押しかけ、空港に
  通じる橋梁も封鎖したことから、治安は極めて不安定化し、大使館員等
  を含む在留邦人の一部が国外に退避しました。7月にも「若き愛国者達」
  と野党を支持する青年団との対立が一時発生しましたが、現在、アビジ
  ャン市内はほぼ平穏さをとり戻しています。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/06/06 02:53 】 | アフリカ地域の渡航情報 コートジボワール
コートジボワールに対する渡航情報(危険情報)の発出
ズクブ、ダロア、ティエビス、ボンゲラ、コトゥバ各都市を結ぶライン以北
 の地域及びズクブ、グラン・ベレビー両都市を結ぶライン以西の地域

    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(継続)
首都ヤムスクロを含むその他の地域(含:アビジャン)
    :「渡航の延期をお勧めします」(継続)

1.概況
(1)ズクブ、ダロア、ティエビス、ボンゲラ、コトゥバ各都市は、国連が帯
  状に設定したいわゆる「信頼区域」の概ね最南端に当たり、国連の停戦
  監視部隊
が監視に当たっています。この「信頼区域」以北は、反政府勢
  力である「新勢力」が占拠している地域であり、コートジボワール政府の実
  効支配が及ばず、治安は非常に不安定です。

(2)ズクブとグラン・ベレビー両都市を結んだライン以西の地域は緊張が継続
  し、与党幹部の指示で警察等による他地域出身者への襲撃が行われてい
  るとの情報があります。また、同地域は隣国リベリアの影響を強く受けてお
  り、情勢は非常に不安定です。

(3)2006年1月、国連決議1633に基づき設立された国際ワーキング・グルー
  プが下した結論に抗議する「若き愛国者達」を中心とする学生数百人が
  アビジャン市内の仏大使館前及び国連事務所に押しかけ、空港に通じる
  橋梁も封鎖したことから、治安は極めて不安定化し、大使館員等を含む
  在留邦人の一部が国外に退避しました。7月にも「若き愛国者達」と野党
  を支持する青年団との対立が一時発生しましたが、その後デモや襲撃は
  沈静化し、外国人も含めてアビジャン市内はほぼ通常の生活を営める状
  態が回復しつつあります。
続きを読む

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2006/09/15 02:23 】 | アフリカ地域の渡航情報 コートジボワール
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。