スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
コンゴ民主共和国に対する渡航情報(危険情報)の発出
南キブ州、北キブ州、オリエンタル州(キサンガニ市を除く)、マニエマ州
 (キンドゥ市を除く)及びカタンガ州北部
    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(継続)

キンシャサ特別州(首都キンシャサ市を含む)、赤道州(ムバンダカ市を除く)、
 カサイ・オリエンタル州(ムブジマイ市を除く)、カサイ・オクシデンタル州
 (カナンガ市を除く)、カタンガ州南部(ルブンバシ市を除く)、バンドゥンドゥ州
 (バンドゥンドゥ市及びキクウィット市を除く)、キサンガニ市及びキンドゥ市
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)

バ・コンゴ州、ムバンダカ市、ムブジマイ市、カナンガ市、ルブンバシ市、
  バンドゥンドゥ市及びキクウィット市

    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
                                      → 地図

1.概況
(1)2006年10月、大統領選挙第二回投票(決選投票)が実施され、11月カビ
  ラ候補が当選しました。これに対し、対立候補であったベンバ副大統領は
  選挙結果を受け入れました。また、2007年2月には新内閣が発足しました。
  3月22日には、キンシャサ市内でベンバ前副大統領私兵と政府軍との間で
  銃撃戦が発生しました(23日夕方には落ち着きを取り戻しました)。
   治安情勢不安定化の一因となっていたベンバ前副大統領は、4月11日、
  治療目的でポルトガルに向け出国しました。しかしながら、同前副大統領
  が帰国した場合には、現内閣に対する国民の不満の高まりとあいまって、
  再び治安情勢が不安定化する可能性も排除されません。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/06/08 19:35 】 | アフリカ地域の渡航情報 コンゴ民主共和国
コンゴ民主共和国に対する渡航情報(危険情報)の発出
南キブ州、北キブ州、オリエンタル州(キサンガニ市を除く)、
  マニエマ州(キンドゥ市を除く)及びカタンガ州北部
    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(継続)

キンシャサ特別州(首都キンシャサ市を含む)
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)

赤道州(ムバンダカ市を除く)、カサイ・オリエンタル州(ムブジマイ市を
  除く)、カサイ・オクシデンタル州(カナンガ市を除く)、カタンガ州南部
 (ルブンバシ市を除く)、バンドゥンドゥ州(バンドゥンドゥ市及びキクウィット
  市を除く)、キサンガニ市、キンドゥ市
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)

バ・コンゴ州、ムバンダカ市、ムブジマイ市、カナンガ市、
  ルブンバシ市、バンドゥンドゥ市及びキクウィット市

    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)

1.概況
(1)2006年10月29日に実施された大統領選挙第二回投票(決選投票)の暫
  定結果として、11月15日、独立選挙委員会は、約58%の票を獲得したカ
  ビラ候補が当選した旨発表しました。これに対し、ベンバ候補は、異議申
  し立てを最高裁に提出する等選挙結果を受け入れない姿勢を示し、ベン
  バ候補の支持者が最高裁に詰め寄ったため、一時最高裁の周辺が騒然
  となる騒ぎが発生しました。
   11月27日、最高裁は、独立選挙委員会が発表した暫定結果を確認する
  決定を下し、カビラ候補の当選を宣言しました。これに対し、ベンバ候補は
  28日に、今後は野党の枠内で政治活動を続ける旨のテレビ・メッセージを
  発出し、事実上、当該選挙結果を受け入れました。
   最終結果発表に基づき、大統領就任式が12月6日に挙行されました。今
  後は、上院議員選挙や知事・副知事選挙が予定されておりますので、当
  分の間は、引き続き注意が必要です。
続きを読む
【2006/12/19 16:56 】 | アフリカ地域の渡航情報 コンゴ民主共和国
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。