スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ザンビアに対する渡航情報(危険情報)の発出
アンゴラとの国境付近
    :「渡航の延期をお勧めします。」
     (事情の許す方は安全な場所に退避することをお勧めします。)(継続)
コンゴ民主共和国との国境付近
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●上記以外の地域(モザンビーク及びタンザニアとの国境付近、リビング
  ストン市観光地区及び首都ルサカ市及びコッパーベルト州を含む)
    :「十分注意してください。」(継続)
                                     → 地図

1.概況
(1)ザンビアにおいては、リビングストン市観光地区、首都ルサカ市、コッパ
  ーベルト州内の主要都市等を中心に、貧困問題により依然として失業者
  が溢れ、これに加えて近隣諸国から難民が銃器とともに一時的に流入し
  たことにより、犯罪の手口が凶悪化・組織化しており、一般犯罪が増加し
  治安状況も改善がみられません。邦人の被害例も報告されています。

(2)アンゴラとの国境付近及びコンゴ民主共和国との国境付近では、越境
  してきた犯罪集団による略奪行為等の凶悪犯罪が発生しています。

(3)モザンビークとの国境付近にはモザンビーク内戦時の地雷が残存して
  いる可能性が高いと言われており、また、タンザニアとの国境付近では
  治安が不安定ですので、それぞれ十分注意してください。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/04/25 22:15 】 | アフリカ地域の渡航情報 ザンビア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。