スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
マリに対する渡航情報(危険情報)の発出
●北部4地方(モプチ、ガオ、キダル及びトンブクトゥ)
    :「十分注意してください。」(継続)
                                      → 地図

1.概況
  マリでは、2007年4月29日に大統領選挙が実施され、現職のトゥーレ大統
 領が再選されました。現在のところ国内情勢は全般に安定した状態にあり
 ますが、7月には国民議会選挙が予定されているため、引き続き注意する必
 要があります。
  また、マリ北部地方では、落ち着きが見られるものの、依然としてトアレグ
 族の反乱グループによる軍事基地や車両に対する小規模な襲撃事件が確
 認されており、同地方の治安情勢はいまだ不安定な状況にあります。
  なお、イスラム過激派組織(旧GSPC、「イスラム・マグレブ諸国のアル・カ
 ーイダ組織」)が同地方に出没しているとの情報があります。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2007/05/29 19:37 】 | アフリカ地域の渡航情報 マリ
マリ:日本人を狙った詐欺事件に対する注意喚起
1.最近、マリにおいて、日本人旅行者を狙った詐欺事件(旅行代金の詐
 欺)が発生しました。犯行の手口は、概ね次のとおりです。

(1)犯人の男は、巧みな日本語を操り、「他よりも安い値段で観光旅行が
  できる」等持ち掛けて、日本人旅行者の関心を買う。

(2)次いで、「自分は10年間日本にいて、外国人登録証明書も持っている」
  と同証明書を見せたり、日本で流行っている若者向けTV番組や日本の
  タイムリーなニュースを持ち出したり、更には、日本語の看板が掲げら
  れた旅行事務所に案内したりして、日本人旅行者を信用させる。
続きを読む

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2006/10/10 20:43 】 | アフリカ地域の渡航情報 マリ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。