スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
クロアチアに対する渡航情報(危険情報)の発出
●中央陸部からザダル市付近にかけての地域(主としてボスニア・ヘルツ
  ェゴビナ北西部との国境地域)及び東スラボニア地域(セルビアとの国
  境地帯)
    :「十分注意してください。」(継続)


1.概況
  クロアチアは、1991年~1995年の独立に伴う紛争の影響からほぼ完全に
 立ち直り、平穏な生活を取り戻しています。また、2004年6月にEU加盟候
 補国として承認され、2005年11月から加盟交渉が開始されました。
  アドリア海沿岸などの観光地をはじめとして、クロアチアには各国から
 年間1,000万人近くの旅行者が訪れ、日本からの渡航者も、16,000人(2003
 年)、23,000人(2004年)、33,000人(2005年、前年比43%増)と年々増
 加しています。
  他方、こうした復興に伴い、これまで比較的安全とされていたクロアチ
 アの治安情勢は、不良外国人の流入などの影響を受けて悪化傾向にありま
 す。
  なお、国内にはボスニア・ヘルツェゴビナ及びセルビアとの国境周辺地
 域をはじめとして、紛争時に埋設された地雷が残存しており、現在、国を
 挙げてその除去に努めているところです。
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/07/26 15:45 】 | 欧州地域の渡航情報 クロアチア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。