スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
インドネシア、コモドドラゴンに襲われた
インドネシア、リンチャン島にて(1997年)。コモドドラゴンを目当てに島に渡り、現地人ガイドの案内で島を見て回った。いろんな昆虫や動物、爬虫類を見られ、大満足で案内所まで帰ってきた。その後ガイドと別れ、自分たちだけで船着場(案内所とは700mほど離れている)に戻ることにした。しかし船着場に向かって歩いていると、後ろから1匹のコモドドラゴンが追ってきた…。ガイドのおじさんから、コモドドラゴンの足が意外と速いことを聞いていたので、駆け出したい気持ちを抑えながら早足で歩いた。そしてカーブを曲がればあと少しで船着場…と言うところで、別のコモドドラゴンと遭遇! 右手は盛り上がった崖。左手には犬小屋ほどの岩とその先はマングローブの林…。慌てて犬小屋ほどの小さな岩に登ったが、前からもコモドドラゴン、後ろからもコモドドラゴン…。「日本人女性 インドネシアでコモドドラゴンに襲われる」という記事が頭をよぎる中、張り裂けんばかりの大声で、船着場に向かって「ヘルプ・ミーーーーーー!!!」と叫んだ。何度か叫んだところで船のスタッフが気付き、前から来るコモドドラゴンに竹で威嚇したり石を投げたりしたが、効果なし。むしろ早足で、こちらに向かってきた。襲われる!と目を瞑った瞬間、幸いなことに、そのコモドドラゴンは自分たちの目の前を通り過ぎ、後ろから追ってきていたコモドドラゴンと合流して、案内所の方向に消えて行った。

リンチャン島は小さいので、コモドドラゴンに会う確率が高い。必ず「常に現地ガイド付きで」行動すること。

〔mixi〕世界の危険宿・人物&被害情報」に寄せられた体験談より。
スポンサーサイト

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

【2008/01/03 13:17 】 | 海外旅行のトラブル事例 アジア地域
タイ:両替直後にリュックを奪われた
タイのチェンマイにて。両替をした直後に、2人乗りのバイクにリュックを奪われた。幸いお金とパスポートは別にしていたため、無事だったが、リュックを奪われまいとしたため、数十メートル引きずられてしまった。保険に入っていたので、病院でもお金は掛からなかったが、当時チェンマイの警察で英語を理解できる人がいなかったため、加入していた保険は自動車会社のものであるが、傷害保険も付いているということを説明するのに苦労した。

「Yahoo!知恵袋」に寄せられた体験談より。

テーマ:海外旅行トラブル例 - ジャンル:旅行

【2007/04/30 00:14 】 | 海外旅行のトラブル事例 アジア地域
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。