スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
セルビアに対する渡航情報(危険情報)の発出
●コソボ
    :「渡航の延期をお勧めします。」(滞在者のうち、事情の許す方
     については退避をお勧めします)(継続)
●コソボ東部隣接地域(メドベジャ、ブヤノバツ、プレシェボ)
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)


1.概況
(1)セルビアでは、コソボ及びその周辺地域を除き治安に大きな問題は見
  受けられません。

(2)コソボにおいてはセルビア系、アルバニア系両住民間の対立問題は解
  消されておらず、民族間対立に起因すると見られる事件が散発的に
  発生
するなど不安定な状態が続いており、渡航者が何らかの事件に巻き
  込まれる可能性も否定できません。

(3)現在、コソボの将来の地位に関する政治プロセスが国連主導の下で行
  われていますが、政治プロセスの進捗状況によっては治安状況が急激に
  変化する可能性があります。また、アルバニア系住民の中には、即時か
  つ無条件独立を主張する過激なグループもあります。また、コソボでは、
  麻薬取引や人身売買などの組織犯罪が蔓延していることが報告され
  ています。
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/10/30 16:26 】 | 欧州地域の渡航情報 セルビア・モンテネグロ
セルビア・モンテネグロ:コソボ地方における爆発事件の発生
1.7月2日午後9時過ぎ(現地時間)、セルビア・モンテネグロのコソボ地方プ
 リシュティナ市内において、以下の3件の爆発事件が連続して発生しました。
 なお、これらの事件による死傷者は出ていない模様です。

(1)欧州安全保障協力機構(OSCE)ビルの向かいにある旅行会社前にてスー
  ツケースに設置された爆弾が爆発し、同旅行会社建物が損傷を受けました。

(2)コソボ議会議事堂付近にて爆発が発生し、同所にあった車両1台が損傷を
  受けました。

(3)国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)本部駐車場内の車両に仕掛けら
  れた爆弾が爆発し、同車両を含む3台の車両が損傷を受けました。
続きを読む
【2005/07/04 16:46 】 | 欧州地域の渡航情報 セルビア・モンテネグロ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。