スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
アルバニアに対する渡航情報(危険情報)の発出
●北部6県(マレシ・エ・マデ県、シュコドラ県、プーカ県、
  トロポヤ県、ハシィ県、ククシ県)
    :「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)
●ティラナ県(首都ティラナを含む)及びドュレス県
    :「十分注意してください。」(継続)
●上記以外の地域
    :「十分注意してください。」(引き下げ)


1.概況
(1)アルバニアでは、1997年にネズミ講破綻を端緒とする大規模な騒乱が
  起こり、引き続きコソボ危機の影響、マケドニアにおける民族対立の影
  響を受け、不安定な状況が続いていましたが、2003年には統一地方選挙
  が、2005年7月には総選挙が平穏に実施されました。その後は政治的安
  定を達成しつつ、経済も順調に回復しており、社会は平穏を取り戻して
  います。
   また、政府は法整備、経済改革を進め、汚職・組織犯罪との闘いを推
  進しています。EU(欧州連合)は、アルバニア政府のかかる対応を肯定
  的に評価しており、2006年2月には、EU加盟の前段階と位置づけられる
  安定化連合協定の仮署名が行われました。
(2)コソボ紛争の際にコソボとの国境沿いに埋設された地雷は、除去作業
  が進められているものの、依然残存しています。また、1997年の騒乱の
  際に一般市民の間に大量の武器(約55万丁の小火器等)が出回り、その
  約半分は回収されていません。
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/05/11 01:05 】 | 欧州地域の渡航情報 アルバニア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。