スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
アフガニスタン:治安情勢 (2007/05/31)
1.
(1)アフガニスタンについては、首都カブール市に対して危険情報「渡航
  の延期
をお勧めします。」(特に、組織的な安全対策をとることができな
  い方は、同市への渡航を厳に差し控えるようお勧めします)を、ジャララ
  バード、ヘラート、マザリ・シャリフ、バーミアン
の各都市に対して危
  険情報「渡航の延期をお勧めします。」を、これらを除くアフガニスタン
  全土
に対して危険情報「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」
  (「 退避勧告 」)を発出するとともに、スポット情報において、累次にわた
  りテロや誘拐の脅威について注意を促しています(2007年5月25日付け
  スポット情報「治安情勢」等)。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/31 04:05 】 | 中央アジア地域の渡航情報 アフガニスタン
アフガニスタン:治安情勢 (2007/05/10)
1.
(1)アフガニスタンについては、首都カブール、ジャララバード、ヘラート、
  バーミアン、マザリ・シャリフ各市内
に対して危険情報「渡航の延期
  お勧めします。」を、これらを除く全土に対して危険情報「 退避を勧告
  ます。渡航は延期してください。」(「 退避勧告 」)を発出するとともに、ス
  ポット情報において、累次にわたりテロや誘拐の脅威について注意を促し
  ています(2007年5月2日付けスポット情報「治安情勢」等)。

(2)3月4日にヘルマンド県でタリバーンに拉致されたイタリア人ジャーナリス
  トが同月19日に解放されましたが、同解放は、アフガニスタン政府に拘束
  されていたタリバーン関係者の釈放と引き替えに行われた旨報じられまし
  た。さらに、4月3日にはニムローズ県でフランス人NGO活動家2人とアフガ
  ン人職員3人がタリバーンに誘拐されました(その後、4月28日にフランス人
  NGO活動家1人が解放されました)。今後、タリバーン等の反政府勢力が、
  被拘束者の奪還に向けてさらに外国人を誘拐する可能性が指摘されてお
  り、日本人を含む外国人が誘拐の標的になる可能性は排除されないことか
  ら、特に東部については、より一層の注意が必要です。
続きを読む
【2007/05/10 08:40 】 | 中央アジア地域の渡航情報 アフガニスタン
アフガニスタン:治安情勢 (2007/04/26)
1.
(1)アフガニスタンについては、首都カブール、ジャララバード、ヘラート、
  バーミアン、マザリ・シャリフ各市内に対して危険情報「渡航の延期
  お勧めします。」を、これらを除く全土に対して危険情報「 退避を勧告
  します。渡航は延期してください。」(「 退避勧告 」)を発出するとともに、
  スポット情報において、累次にわたりテロや誘拐の脅威について注意
  を促しています(2007年4月19日付けスポット情報「治安情勢」等)。
続きを読む
【2007/04/26 19:30 】 | 中央アジア地域の渡航情報 アフガニスタン
アフガニスタン:治安情勢
1.
(1)アフガニスタンについては、首都カブール、ジャララバード、ヘラー
  ト、バーミアン、マザリ・シャリフ各市内に対して危険情報「渡航の延期
  をお勧めします。」を、これらを除く全土に対して危険情報「退避を勧告
  します。渡航は延期してください。」(「 退避勧告 」)を発出するとともに、
  スポット情報において、累次にわたりテロや誘拐の脅威について注意を
  促しています(2007年4月5日付けスポット情報「治安情勢」等)。
続きを読む
【2007/04/11 16:36 】 | 中央アジア地域の渡航情報 アフガニスタン
アフガニスタンに対する渡航情報(危険情報)の発出
●下記以外のアフガニスタン全土
    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(継続)
●カンダハール市
    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(引き上げ)
●首都カブール、ジャララバード、ヘラート、マザリ・シャリフ、バーミ
  アンの各都市
    :「渡航の延期をおすすめします。」(継続)


1.概況
(1)アフガニスタンでは、2004年10月に大統領選挙、2005年9月に議会選挙
  が実施され、同年12月、議会が開設されたことにより、2001年12月のボ
  ン合意に基づくアフガン復興のための一連の政治プロセスが終了し、本
  格的な復興・開発に向けた国家体制がようやく整いました。国内の治安
  対策に関しては、米軍主導の連合軍によるタリバーンやアルカイーダ等
  テロ集団の掃討作戦や、国内各県への国際治安支援部隊(ISAF)の展
  開、また、国軍・警察の体制強化により、治安対策はより強化されつつ
  ある状況にあります。


(2)他方、タリバーン等のテロ集団は、依然根強い勢力を保ち、米軍等
  駐留外国軍と国軍への徹底抗戦の構えを取っており、簡易爆弾・自爆テ
  ロ、ロケット攻撃などのゲリラ的戦術や外国人誘拐等の手段により、主要  
  都市や地方各地で頻繁にテロ活動を続行しています。また、国内には
  依然大量の武器や弾薬が流通しており、強力な勢力を持つ麻薬・犯罪
  組織が存在しています。さらに、国民の大多数が貧困層なので一般犯罪
  の増加・凶悪化も深刻です。
続きを読む
【2006/07/19 13:54 】 | 中央アジア地域の渡航情報 アフガニスタン
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。