スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
イエメンに対する渡航情報(危険情報)の発出
●サアダ州、アル・ジャウフ州、シャブワ州及びマアリブ州
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●アムラン州
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●首都サヌアを含むその他の地域
    :「十分注意してください。」(継続)
                                        → 地図

1.概況
(1)イエメン政府は、2001年9月の米国同時多発テロ事件以降、米国との協
  力の下、国際テロ組織アル・カーイダの国内分子の掃討作戦を積極的に
  推進してきました。最近では欧米各国の協力を得て、アフリカ諸国から
  の難民流入を阻止すべく沿岸警備にも力を入れています。これらイエメ
  ン政府の努力の結果、ここ数年イエメン国内で大規模なテロは発生して
  いませんでした。しかし2006年2月、政府の政治犯収容所に拘束されて
  いたアル・カーイダのメンバーらが脱走して以後、同年9月にハダラマウ
  ト州、マアリブ州にそれぞれ所在する石油関連施設を標的とした自爆
  テロ未遂事件が発生したほか、同年10月にはアル・カーイダのメンバー
  と指摘される外国人が、ソマリアへの武器密輸に関与していたとして検
  挙される等、治安情勢には今後とも注意を要する状況にあります。
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/12/12 17:03 】 | 中東地域の渡航情報 イエメン
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。