スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
イスラエル及び西岸・ガザ地区:ガザ地区における治安の悪化
1.ガザ地区においては、これまでも外国人の誘拐事件が度々発生していま
 すが、1月1日には新たにペルー国籍のカメラマンが誘拐される事件が発生
 し、パレスチナ自治政府治安当局が、外国人に対して直ちにガザ地区から
 退去するように警告を発したとの報道もなされています。

2.また、ファタハとハマスとの衝突によって、1月3日には5人、4日には7人の
 パレスチナ人が殺害されるなど、パレスチナ武装勢力間の衝突も頻繁に発
 生しています。

3.ガザ地区及びそれらの周辺に対しては、これまでも危険情報において、
 「渡航の延期をお勧めします。」を発出し、注意を喚起していますが、上記の
 情勢にかんがみ、ガザ地区及びその周辺への渡航は厳に差し控えてくださ
 い。真にやむを得ない事情などによりガザ地区に渡航・滞在される場合には、
 常に現地の情勢に関する情報収集を十分に行い、不案内な場所での活動は
 避けるなど高度の警戒を心掛けてください。その他誘拐対策の詳細について
 は、パンフレット「海外における誘拐対策Q&A
 ( http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html )を参照してください。
続きを読む
スポンサーサイト
【2007/01/05 18:57 】 | 中東地域の渡航情報 イスラエル
イスラエル及び西岸・ガザ地区に対する渡航情報(危険情報)の発出
●西岸(ジェリコ、ベツレヘム、ラマッラ及びこれら3都市とエルサレムを結ぶ
  幹線道路並びに西岸内の国道90号線沿線を除く)、西岸との境界周辺、
  ガザ地区、ガザ地区との境界周辺及びレバノンとの国境付近
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●西岸(ラマッラ及びラマッラとエルサレムを結ぶ幹線道路、西岸内の
  国道90号線沿線)
    :「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)
●西岸(ジェリコ、ベツレヘム及びこれら2都市とエルサレムを結ぶ幹線
  道路)
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●エルサレム
    :「十分注意してください。」(引き下げ)
●テルアビブを含む上記以外の地域
    :「十分注意してください。」(継続)
                                      → 地図

1.概況
(1)ガザ地区については、イスラエルとパレスチナの間の停戦が成立しま
  したが、ガザ地区からのカッサム・ロケットの発射は散発的に継続して
  いる上、パレスチナ武装勢力同士の抗争も発生し、かつ、外国人を標的
  にした誘拐事件も時折発生していることから、治安状況は非常に不安定
  です。

(2)ヒズボラとの戦闘が停止された後、イスラエル北部に対するロケット攻
  撃は発生していませんが、レバノンとの国境付近では不測の事態が発
  生する可能性は排除できません。

(3)西岸の一部においては、引き続き、イスラエル軍等とパレスチナ武装
  勢力の衝突が発生しています。他方、西岸においてもジェリコ、ベツレ
  ヘム、ラマッラ、ガリラヤ湖と死海を結ぶ国道90号線沿線等の状況は、
  現時点では相対的に安定しています。しかし、イスラエルとパレスチナ
  の衝突等によっては緊張が高まる可能性があります。

(4)イスラエル領内及びエルサレムにおける治安状況は改善されつつあり
  ますが、今後も自爆テロ等が発生し、日本人を含む外国人が巻き込まれ
  る可能性があります。
続きを読む
【2006/12/22 17:58 】 | 中東地域の渡航情報 イスラエル
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。