スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
シリアに対する渡航情報(危険情報)の発出
イラクとの国境付近
    :「渡航の延期をお勧めします。」
  (事情の許す方の退避をお勧めします。)(継続)
●上記以外の地域
    :「十分注意してください。」(継続)
                                     → 地図

1.概況
(1)隣国イラクの治安情勢は極めて不安定なことから、イラクとの国境付
  近は依然として危険な状態にあります。

(2)2005年2月のハリーリ・レバノン元首相暗殺事件以降、米国等によるシ
  リアに対する非難、圧力が続いている中で、これへの反発から米国権益
  等に対する破壊活動の発生も排除されません。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/30 22:35 】 | 中東地域の渡航情報 シリア
シリアに対する渡航情報(危険情報)の発出
イラクとの国境付近
    :「渡航の延期をお勧めします。」(事情の許す方の退避をお勧め
     します。)(継続)
 ●上記以外の地域
    :「十分注意してください。」(継続)
→ 地図

1.概況
(1)隣国イラクの治安情勢は極めて不安定なことから、イラクとの国境付
  近は依然として危険な状態にあります。

(2)2005年2月14日のハリーリ・レバノン元首相暗殺事件以降、米国等によ
  るシリアに対する非難、圧力は強まる一方で、これへの反発から米国等
  の権益に対する破壊活動の発生が懸念されます。

(3)2005年7月4日、ダマスカス市内のカシオン山地区でイスラム過激派武
  装テログループと治安部隊の間で銃撃戦が発生し、その後も同様の事件
  がアレッポ市などで断続的に発生しました。最近では2006年6月2日、ダ
  マスカス市内の政府重要建物が集まる場所で過激派武装テログループと
  治安部隊との間で銃撃戦が発生しました。

(4)2006年9月12日、イスラム過激派がダマスカス市内の米国大使館に対
  し、手榴弾や小銃等によるテロ攻撃を仕掛ける事件が発生しました。
続きを読む
【2007/01/12 15:42 】 | 中東地域の渡航情報 シリア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。