スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
トルコに対する渡航情報(危険情報)の発出
●イスタンブール県及び南東部12県(トゥンジェリ、エラズー、ビンギョル、
 ディヤルバクル、マルディン、バトマン、ムシュ、ビトリス、シールト、ヴァン、
 ハッキャーリ、シュルナク)
    :「十分注意してください。」(継続)
                                      → 地図

1.概況
(1)トルコでは2003年11月、イスタンブール市の英国総領事館など市内4か
  所において大規模な爆弾テロ事件が連続して発生し、多数の死傷者が出
  ました。この事件以降もイスタンブール県やトルコ南東部県のほか、2006
  年8月に地中海沿岸の都市マルマリスで、2007年5月にはエーゲ海沿岸の
  都市イズミルといった観光都市や首都アンカラ等でも爆弾爆発事件が発
  生しています。
   また、2007年に入り、警察がイスタンブール市内を標的にした数件のテ
  ロ計画を阻止したとの報道があり、さらに、同警察は国内においてアル・カ
  ーイダと繋がりがあるとみられる容疑者37人を逮捕し、この容疑者等は国
  内主要都市での爆弾テロ計画を進めていたとの報道もあります。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/24 02:43 】 | 中東地域の渡航情報 トルコ
トルコ:アンカラにおける爆弾テロ事件に伴う注意喚起
1.報道等によれば、5月22日夕刻(現地時間)、首都アンカラ旧市街の中心
 地ウルス地区にあるショッピングモール前のバス停近くにおいて爆弾が爆
 発し、パキスタン人1人を含む6人が死亡、約100人が負傷しました。
続きを読む

テーマ:トルコ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/05/23 02:35 】 | 中東地域の渡航情報 トルコ
トルコ:イスタンブールにおける爆弾未遂事件に伴う注意喚起
1.報道等によれば、4月8日午後5時頃(現地時間)、イスタンブールの新市
 街中心部ベイオール地区のタクシム広場(邦人観光客等が多数訪れる最大
 の繁華街)付近で不審物が発見され、警察の爆破処理隊がこの不審物を爆
 破処理しました。今回の事件では被害者は出ていないとのことですが、報
 道によれば、当該不審物はプラスチック爆薬であった可能性が高いとのこ
 とです。

2.今回の爆弾未遂事件については、現在、警察による捜査が続いており、
 その背景、実行犯等は不明ですが、報道によれば、イスタンブール市内で
 は3月以降、PKK(クルド労働者党)支持者らによるとみられるバス放火事
 件等が発生している他、昨年の同時期にもPKK支持者等の活動が活発に
 なっていることから、引き続き同種の事案の発生に注意する必要がありま
 す。
  また、信憑性等は不明ですが、報道等によれば、昨年3月にクルド系反
 政府組織「クルディスタン自由の鷹(TAK)」が、「地元と外国の観光業者、
 ホテル、旅行・観光代理店を標的にする」との声明を発出し、また、今年
 3月にも「とりわけ欧州各国からの観光客を標的とする」との声明を出して
 いることもあり、引き続き、観光地がテロの標的となる可能性は排除でき
 ません。
続きを読む
【2007/04/09 18:58 】 | 中東地域の渡航情報 トルコ
イスタンブール(トルコ):暴力バー(ぼったくりバー)被害の多発
1.イスタンブールでは、睡眠薬強盗や路上でのスリやひったくり等の犯罪
 が多く発生していますが、最近では、特に「暴力バー(ぼったくりバー)」
 による日本人の被害がタクシム地区イスティクラール通り等で多発して
 います。
続きを読む
【2007/02/27 18:54 】 | 中東地域の渡航情報 トルコ
トルコ:イスタンブール及びマルマリスにおける爆発事件の発生
1.報道等によれば、8月27日夜から28日未明(現地時間)にかけ、以下の事
 件が発生しました。
(1)27日21時30分頃(現地時間)、イスタンブールのバージュラル地区に
  ある学校付近で爆弾事件が発生し、6人が負傷しました。

(2)28日午前0時頃(現地時間)、ムーラ県のマルマリス(地中海沿岸の保
  養地)において、3回の爆発が発生し、英国人10人を含む21人が負傷し
  ました。

2.上記事件との関連性は不明ですが、これまでもスポット情報でお知らせ
 しましたように、イスタンブール市及びトルコ南部では、爆弾爆発事件な
 どが発生しています。また、報道等によれば、以前クルド系反政府組織が
 「我々は地元と外国の観光業者、ホテル、旅行・観光代理店を標的にす
 る。」との声明を発出した経緯もあり、引き続き、観光地がテロの標的と
 なる可能性は排除できません。

続きを読む
【2006/08/28 18:47 】 | 中東地域の渡航情報 トルコ
トルコに対する渡航情報(危険情報)の発出
イスタンブール県及び南東部12県(トゥンジェリ、エラズー、
  ビンギョル、ディヤルバクル、マルディン、バトマン、ムシュ、ビトリス、
  シールト、ヴァン、ハッキャーリ、シュルナク)
    :十分注意してください。(継続)
                                       → 地図

1.概況
(1)イスタンブール市では、2003年11月に、英国総領事館など市内4か所に
  おいて大規模な爆発事件が連続して発生し、多数の死傷者が出ました。
  この事件以降も、爆発事件が市内で度々発生しており、中には死傷者が
  出た事件もあります。これらの事件が発生した場所には、日本人観光客
  及び居住者が訪れる可能性の高い場所も含まれています。

(2)イスタンブール県及び南東部県以外の各地においても、小規模な爆発
  事件が発生しています。特に2005年には、地中海・エーゲ海沿岸の観光
  都市で、外国人を含む死傷者を出す爆弾事件が連続して発生しています。

(3)イラン、イラクとの国境付近を含む南東部の各県では、依然としてクルド
  人独立国家の建設を主張するクルド労働者党(PKK:別名「クルド人民
  会議(KONGRA-GEL)」)による爆弾テロ事件、同組織と治安部隊との間
  での衝突事案が頻発し、多数の死傷者が出ています。
続きを読む
【2006/08/09 17:43 】 | 中東地域の渡航情報 トルコ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。