スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
レバノン:首都ベイルート及び郊外を含む国内治安情勢
1.レバノンでは、5月22日付け危険情報においてお知らせしているとおり、
 5月20日(現地時間)以降、主に北レバノン県トリポリ近郊のパレスチナ難
 民キャンプにおいて、イスラム過激派組織ファタハ・イスラームとレバノン
 国軍との間で戦闘が発生し、多数の死傷者が出ています。また、5月20日
 以降、首都ベイルート及びその郊外においても爆弾爆発事件等が散発的
 に発生するなど、注意が必要です。

2.トリポリ郊外のパレスチナ難民キャンプでは、断続的に戦闘が続いてお
 り一般パレスチナ難民にも死傷者が出ています。さらに、6月3日から4日に
 かけて、南部レバノン県サイダ近郊の難民キャンプでもレバノン国軍と別
 のイスラム過激派組織との衝突が発生しました。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:中東 - ジャンル:海外情報

【2007/06/06 01:01 】 | 中東地域の渡航情報 レバノン
レバノンに対する渡航情報(危険情報)の発出
リタニ川ハスバイヤ南郊外以南の地域及び各地のパレスチナ
  難民キャンプ

    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
トリポリ市
    :「渡航の延期をお勧めします。」(引き上げ)
上記以外の地域(首都ベイルートを含む)
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
                                    → 地図

1.概況
(1)2006年8月以降、ヒズボラとイスラエルとの間の「敵対行為の停止」は
  おおむね守られています。しかし、依然未解決の問題があり、不測の事
  態が発生する可能性があります。また、レバノン南部を中心に多数の不
  発弾が残され、処理にはまだ時間がかかる見通しです。
続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/22 01:55 】 | 中東地域の渡航情報 レバノン
レバノンに対する渡航情報(危険情報)の発出
●リタニ川ハスバイヤ南郊外以南の地域及び各地のパレスチナ難民キャンプ
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●上記以外の地域(首都ベイルートを含む)
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
                                       → 地図

1.概況
(1)2006年8月に国連安保理決議1701が採択されて以降、ヒズボラとイスラ
  エルとの間の「敵対行為の停止」はおおむね守られています。しかし、捕
  虜交換問題などに解決の目途は立っていません。また、レバノン南部を
  中心に多数の不発弾が残され、処理にはまだ時間がかかる見通しです。

(2)2006年夏以降、国内政治グループ間の対立が激しくなっています。セ
  ニオラ政権打倒を求める野党グループは、2006年12月から首都ベイルー
  ト市内中心部で大規模な座り込みを開始し、2007年1月23日にはゼネス
  トを行い、ベイルート国際空港周辺を含む全土で道路封鎖を行いました。
  また同25日には、首都ベイルート市南部にある大学周辺で銃撃戦が発生
  しました。この政治対立に解消の目途は立っていないため、情勢が急変
  する可能性もあります。

(3)2006年11月にジュマイエル工業相暗殺事件が、また2007年2月13日に
  は、一般旅客バス爆発事件が、ともに首都ベイルート市郊外で発生して
  おり、ここ数年発生している要人暗殺・爆発事件と同様、犯人等が逮捕
  されていないこともあり、今後もこのような事件が起こる可能性があります。
続きを読む
【2007/03/01 20:47 】 | 中東地域の渡航情報 レバノン
レバノン:治安情勢(2007/01/29)
1.レバノンでは、2006年12月から、政府と野党政治グループの対立が高ま
 っており、この対立を背景に2007年1月23日、野党政治グループがレバノ
 ン全土で道路封鎖を行ったため、首都ベイルートを始め各地で市民生活が
 麻痺しました。また、25日には、ベイルート市南部にあるベイルート・アラブ
 大学での騒擾事件が周辺地域にも広がり、銃撃戦や放火事件が起きた
 ため、レバノン国軍は26日まで外出禁止令を発出しました。
続きを読む
【2007/01/29 21:08 】 | 中東地域の渡航情報 レバノン
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。