スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
インドネシア:デング熱の流行
1.インドネシアにおけるデング熱の流行
  在インドネシア日本国大使館からの情報によると、インドネシアにおいて
 デング熱の感染が拡大しており、感染者が多く発生しているジャカルタ特別
 州は4月9日に非常事態を宣言しました。インドネシア保健省発表の感染者
 数は以下の通りで、ジャカルタ特別州をはじめ、東ジャワ州、西ジャワ州、
 東カリマンタン州、ランプン州等で特に多く発生しています。

 インドネシア国内感染者数
  2006年          114,656名(うち1,196名名死亡)
  2007年1月から4月16日 57,706名(うち 686名死亡)

 ジャカルタ特別州感染者数(上記感染者のうち数)
  2006年           24,932名(うち39名死亡)
  2007年1月から4月16日 11,518名(うち44名死亡)

  また、ジャカルタ特別州知事は、「状況は緊急事態となっている。我々は
 殺虫剤の大量散布を計画している。ジャカルタ住民は積極的に週1回30分
 間、「蚊の巣(ボウフラ)対策」活動に参加しなければならない」と発言して
 おり、4月20日には、殺虫剤(蚊の成虫対策用)を州内全域に散布すること
 としています。
  インドネシアに渡航・滞在を予定されている方は、下記2.(4)の予防対策
 を取ってください。
続きを読む
スポンサーサイト
【2007/04/20 04:55 】 | アジア地域の渡航情報 インドネシア
ジャカルタ(インドネシア):豪雨による洪水の発生について
1.首都ジャカルタ及びその周辺地域では、数日間にわたる集中豪雨によっ
 て、チリウン川流域のカリバタ(東ジャカルタ)、カンプン・ムラユ(南
 ジャカルタ)、タナー・アバン(中央ジャカルタ)などの各地で洪水が発
 生し、家屋の浸水や道路の冠水で交通機関が麻痺するなどの被害が生じて
 いることで、4日、ジャカルタ州政府は、州内に洪水警報として最高レベル
 の「シアガ1」を発令し、警戒を呼びかけています。
続きを読む
【2007/02/25 05:09 】 | アジア地域の渡航情報 インドネシア
インドネシアに対する渡航情報(危険情報)の発出
ナングル・アチェ・ダルサラム州(旧アチェ特別州)
    :「渡航の延期をお勧めします。」(いつでも退避できるよう準備
     をお勧めします。)(継続)
中部スラウェシ州のポソ県及びパル市
    :「渡航の延期をお勧めします。」(引き上げ)
マルク州(アンボン島を除く)、北マルク州、パプア州、西イリア
  ンジャヤ州、中部スラウェシ州(ポソ県及びパル市を除く)、
  東ヌサトゥンガラ州の西ティモール地区

    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
マルク州アンボン島
    :「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)
●首都ジャカルタ及びバリ島を始めとする全地域(上記の地域を除く)
    :「十分注意してください。」(継続)
                                     → 地図

1.概況
(1)2005年10月1日にバリ島で発生した連続爆弾テロ事件では、日本人旅行
  者1人を含む23人が死亡(犯人3人を含む)し、100人を超える負傷者が
  出ました。これまでもインドネシアでは、2002年にバリ島で、2003年と
  2004年に首都ジャカルタでそれぞれ爆弾テロ事件が発生しました。イン
  ドネシア警察当局はテロ等に対する高い警戒態勢を敷いていますが、過
  去の爆弾テロ事件の首謀者とされるヌルディン容疑者らは未だ逮捕され
  ていないことに加え、報道等によると、2005年のバリ島事件の捜査の過
  程等において、各首謀者のアジトから多数の爆弾や爆弾の製造方法を解
  説したビデオテープが発見される等、新たなテロの脅威を示唆する物証
  が押収されており、依然としてテロの脅威は存在しています。
続きを読む
【2007/02/21 04:34 】 | アジア地域の渡航情報 インドネシア
インドネシア:バリ島、ジャカルタを含むインドネシア各地における爆弾テロに関する注意喚起
1.インドネシアにおいては、2002年から4年連続で8~10月の時期に
 バリ島又は首都ジャカルタで外国人や外国関連施設を狙った自爆
 テロ事件が発生
しており、特に9月及び10月に、4件中3件が集中してい
 ます。同国の警察等は、この点も踏まえ、現在警戒を強化しています。
 ただし、これら一連のテロ事件がこの時期に集中して発生した理由は必
 ずしも明らかでなく、今後とも、この時期に限らず、また、バリ島及びジャ
 カルタ以外のインドネシア各地においても同様の事件が発生する可能性
 は排除できません。

 (これまでの自爆テロ事件)
  2002年10月12日 バリ島のディスコで爆弾テロ事件
          (日本人2人を含む202人死亡)
  2003年 8月 5日 ジャカルタのマリオット・ホテル前で爆弾テロ事件
          (14人死亡)
  2004年 9月 9日 ジャカルタのオーストラリア大使館前で爆弾テロ事件
          (10人死亡)
  2005年10月 1日 バリ島の3ヵ所のカフェ、レストランで爆弾テロ事件
          (日本人1人を含む23人死亡)
続きを読む
【2006/08/31 05:11 】 | アジア地域の渡航情報 インドネシア
インドネシア:バリ島における連続爆発事件の発生
1.報道等によれば、10月1日、19時頃(現地時間)、インドネシア・バリ島の
 ジンバラン地区、クタ地区で爆弾が爆発し、少なくとも20名以上が死亡、多
 数が負傷する事件が発生しており、邦人の死傷者も出ています。
続きを読む
【2005/10/02 05:19 】 | アジア地域の渡航情報 インドネシア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。