スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
シンガポール:麻薬犯罪に関する注意喚起
1.シンガポール政府は、特に麻薬関連犯罪に対しては、その犯罪者の国籍
 を問わず死刑を含む極刑をもって対処する方針を執っており、当局は指
 定薬物の拡大を含め取締りを更に強化し、シンガポール人、外国人を問わず
 麻薬事案が頻繁に摘発されています。
  シンガポール中央麻薬取締局によれば、2006年1月から6月までの麻薬関
 連の検挙数は前年に比し100人増の446人となっています。

2.2007年1月26日、シンガポール外務省は、2004年にチャンギ空港にて大量
 のヘロインを所持し、死刑判決が確定していたナイジェリア人について、ナイ
 ジェリア政府からの減刑嘆願書を公表した上で、麻薬犯罪に対する厳しい
 立場を堅持する必要から減刑には応じないことを発表し、同日、当該ナイジェ
 リア人の死刑が執行されました。また、2005年末には、麻薬密輸のオースト
 ラリア人死刑囚も、本国政府からの減刑の嘆願が受け入れられず死刑が執
 行されています。

続きを読む
スポンサーサイト
【2007/02/01 06:53 】 | アジア地域の渡航情報 シンガポール
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。