スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
中国に対する渡航情報(危険情報)の発出
チベット自治区
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
青海省甘粛省及び四川省(アバ チベット族・羌(チャン)族自治州、
     甘孜(カンゼ)チベット族自治州、涼山彝(イ)族自治州)
    :「渡航の是非を検討してください。」(新規)
アフガニスタンとの国境付近
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)

                                → 地図1地図2地図3
1.概況

(1)チベット自治区では、2008年3月10日以降、僧侶などによるデモが相次ぎ、ラサ
  市内にある寺院周辺では3月14日、商店が放火されるなどの暴動が発生し、暴徒
  化した一部市民が商店・銀行等に対する投石、車両への放火、店舗の破壊等の
  行為に出たため、これに対し軍や武装警察が催涙弾等により応酬し、死傷者が
  出たとの情報があります。

(2)チベット自治区のラサ市で起きた騒乱は、周辺の青海、四川、甘粛の各省にあ
  るチベット族自治州にも波及して、デモや暴動が発生し、死傷者が出たほか、
  政府機関の建物や店舗が放火されるなどの被害が出たとの情報があります。

(3)ラサ市内の抗議行動は沈静化した模様ですが、中国当局は治安部隊を派遣
  して治安の維持と暴動に関わった当事者の摘発に当たっている他、周辺各省
  のチベット族自治州でも厳重な警戒態勢を敷いていると報じられています。

(4)アフガニスタンとの国境付近は、アフガニスタンの不安定な国内情勢の影響を
  受け、治安が不安定です。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/03/28 17:48 】 | アジア地域の渡航情報 中国
中国:チベット自治区周辺地域の治安悪化に伴う注意喚起(その2)
1.チベット自治区ラサ市では、3月14日に僧侶を含む市民と当局との間で衝突
 が発生し、死傷者が出る等情勢が悪化しましたが、このような情勢の悪化は、
 チベット自治区周辺の四川省、甘粛省及び青海省のチベット族自治州に波及
 し、騒ぎが発生しているとの情報があります。

2.19日付け新華社電は、3月15日に甘粛省甘南チベット族自治州において
 「チベット独立」のスローガンを叫ぶ暴徒が政府庁舎を襲撃したと報じていま
 す。また、20日及び21日の新華社電は、3月16日に四川省アバチベット族・
 チャン族自治州のアバ県においても同様の騒乱が発生したと報じています。
  また、20日、中国外交部のスポークスマンは、四川省及び甘粛省の安全
 性に関する質問に答える形で、「外国人観光客の安全を確保するため、外
 国人がこれらの場所に行かないことをお勧めしたい。」旨述べています。

3.ついては、四川省、甘粛省及び青海省に渡航を予定されている方及び現
 地に滞在されている方は、デモや騒動が起きている危険地域には立ち入ら
 ず、現地の最新情報を入手する等、安全確保に努めてください。また、危険
 な状況に遭遇した場合は、在中国日本国大使館又は在重慶日本国総領事
 館に御連絡ください。

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2008/03/21 18:59 】 | アジア地域の渡航情報 中国
中国:チベット自治区ラサ市の治安悪化に伴う注意喚起
1.現地からの情報によれば、3月14日、チベット自治区のラサ市において、
 僧侶と警察の間で衝突が発生し、死傷者が出る等、治安情勢が悪化してい
 る模様です。また、15日より観光目的の中国人、外国人の当該地域への入
 境ができなくなるとの情報もあります。

2.当該地域に渡航を予定されている方は、現地の状況が落ち着くまでの間、
 同地域への旅行を控えることをお勧めします。また、現地に滞在している方
 は、外出を控え、最新情報を入手する等、安全確保に努めてください。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/03/15 18:39 】 | アジア地域の渡航情報 中国
中国:鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑いに対する対応の解除
1.中国(江蘇省南京市)における鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑いに対する
 対応の解除
  2007年12月11日付けスポット情報にてお知らせしました中国(江蘇省南京市)に
 おける鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑い例の発生に対し、我が国厚生労働省
 は12月27日付けで以下のとおり検疫体制の強化措置の解除を発表しました。

  12月9日以降実施していた中国からの帰国者に対する検疫体制の強化について、

 ・中国政府衛生部が濃厚接触者すべての健康監視の終了について発表したこと
 ・患者の隔離から潜伏期間以上の日数が経過し、同一地域において新たな感染
 者が認められないこと

 から、本対応については、12月26付けにて解除しました。

  なお、中国からの帰国者に対し、鳥インフルエンザ(H5N1)流行国として以下の
 とおり従来の対応を継続しています。
続きを読む

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/01/11 19:25 】 | アジア地域の渡航情報 中国
中国:鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑い例について
1.中国(江蘇省南京市)における鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑い例について

  2007年12月11日及び12月27日付けスポット情報にてお知らせしました中国(江蘇
 省南京市)における鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑い例の発生に対し、中国
 衛生部は1月10日付けで感染源の調査結果について以下のとおり発表しました。

 ・2007年12月に鳥インフルエンザの感染が確認された24歳男性及びその父親(52
  歳)の2例の症例については、いずれもトリとの接触歴は確認されていない。
 ・とりあえずの判断として、今回の症例は、家庭内の密接な接触による感染である
  と考えられる。
 ・ヒトからヒトに感染する生物学的証拠はない。

  なお、このような家庭内における感染事例については、これまでインドネシア(2006
  年5月)、ベトナム(2005年1月他)、タイ(2004年9月)においても確認されています。

2.引き続き、鳥インフルエンザ発生国・地域では、不用意にトリに近寄ったり触れたり
 せず、衛生管理にも十分注意してください。また、帰国時に高熱、咳症状がみられる
 場合には検疫所の健康相談室にお申し出ください(帰宅後に同様の症状が現れた
 場合には、最寄りの保健所に相談し、感染地域に渡航していた旨をお知らせください
 )。その他、感染地域滞在の注意事項については、「海外渡航者のための鳥及び
 新型インフルエンザに関するQ&A」を御参照ください。
 ( http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html )

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/01/11 19:10 】 | アジア地域の渡航情報 中国
中国:麻薬(覚醒剤等を含む)犯罪に関する注意喚起
1.中国公安当局では、麻薬の密売や製造などに関する犯罪の摘発を強化し
 ており、中国における2007年1月から11月末までの摘発件数は前年より18%
 増えて5万件余りに上ると発表しています。

2.なお、2007年には、中国で麻薬密輸の罪に問われていた日本人3人が死
 刑判決を受けました。
また、12月には新たに大連で覚醒剤を国外へ持ち
 出そうとした日本人が逮捕されています。

3.中国においては、麻薬密輸罪は死刑を含む厳罰に処され、外国人も例
 外ではないことを十分認識し、麻薬犯罪に関わる行為は厳に行わないように
 してください。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/01/11 18:59 】 | アジア地域の渡航情報 中国
中国:買春への注意喚起
1.最近、日本人が中国国内で買春行為により公安当局に拘留されるケース
 が増えています。中国においても売買春は違法であることを十分肝に銘じ、
 このような行為は厳に行わないようにしてください。

2.なお、買春行為は、状況により「治安管理法処罰法」の適用を受け、10日
 以上15日以下の拘留に加え、5,000元以下の罰金に処される可能性があり
 ます。また、国外退去や一定の期間入国禁止となる場合もあります。
 2008年の北京オリンピックに向け、中国当局が風俗取締りを強化している
 という情報もあります。

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/10/23 19:27 】 | アジア地域の渡航情報 中国
中国に対する渡航情報(危険情報)の発出
アフガニスタンとの国境付近
     :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
                                  → 地図1、 地図2

1.概況
(1)中国の治安は全般的に安定していますが、近年は改革開放の進展に伴い
  職を求めて農村人口が都市部に流れ込み、富裕層を標的にした誘拐事件が
  多発するなど犯罪件数は増加傾向にあります。

(2)アフガニスタンとの国境付近は、アフガニスタンの不安定な国内情勢の
  影響を受け、治安が不安定です。
続きを読む
【2006/01/27 13:23 】 | アジア地域の渡航情報 中国
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。