スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ブータンに対する渡航情報(危険情報)の発出
ブータン南部 (インド・アルナーチャル・プラデーシュ州、アッサム州、
 西ベンガル州との国境付近)

    :「渡航の延期をおすすめします。」(継続)
                                          → 地図

1.概況
(1)インドと国境を接するブータン南部地域では、90年代末以降インド・アッサム
 州での分離独立運動を行っている過激派組織が侵入し、訓練拠点キャンプを
 設営するなどしてきました。これに対し、ブータン政府は、2003年12月中旬に掃
 討のための軍事作戦を行い、治安は基本的に回復しました。しかし、2004年9月
 には、インドとの国境付近のサルパン県で爆弾テロが発生し、2006年1月にはサ
 ムドゥルプ・ジョンカール県で陸軍のパトロール部隊に対する襲撃事件が発生し
 ました。現在もアッサム州内での過激派の活動は活発であることから、その影響
 を受ける可能性も否定できません。

(2)2005年3月、ワンチュク国王が多党制民主主義の確立を目指す憲法草案を発
 表、憲法批准のための国民投票に向けての作業が進む一方、同国王は2005年
 12月17日、王位を皇太子に譲り、議会制民主主義に基づく政府を選ぶための最
 初の国民選挙を2008年に行うと発表しました。その後、国王及び皇太子が国民の
 声をつぶさに聞くための国内巡幸を行うなど、ブータンの国内情勢は基本的に安
 定しています。また、南部を除くブータンのほとんどの地域(首都ティンプー、空港
 のあるパロ等)の治安は概して良好で、凶悪な事件は殆ど発生していません。また
 我が国との関係も良好で、人々は親日的です。
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/08/11 09:33 】 | アジア地域の渡航情報 ブータン
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。