スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ミャンマーに対する渡航情報(危険情報)の発出
●ヤンゴン市、バゴー(ベグー)管区バゴー市とタウングー市間(両市内を含む。)
 の幹線道路付近及びその東部周辺地域、タイとの国境付近
 (シャン、カヤー、カレン、モン各州の一部)
    :「十分注意してください。」(継続)
→ 地図

1.概況
(1)2005年5月、ヤンゴン市内の貿易センターと2か所のショッピングセンターにお
  いて、ほぼ同時に爆弾事件が発生し、多数が死傷しました。また、同年10月に
  は同市中心部のホテル前において、2006年4月には同市内のミャンマー郵電
  公社(MPT)前等合計6か所において小規模な爆発事件が発生しましたが、い
  ずれも死傷者はありませんでした。さらに、2007年1月には、同市内の郵便局
  で爆弾が爆発し、1人が負傷しました。

(2)2006年1月から2007年3月にかけて、バゴー(ベグー)管区バゴー市とタウング
  ー市間(両市内を含む。)の幹線道路付近及びその東部周辺地域において、爆
  発事件が頻発しています。ミャンマー人負傷者を伴う小規模な地雷爆発事件が
  主ですが、死者を伴う爆発事件も数件発生しています。
続きを読む
スポンサーサイト
【2007/04/17 13:34 】 | アジア地域の渡航情報 ミャンマー
ミャンマー:ヤンゴン市内における爆弾爆発事件
1.報道によると、1月15日昼の12時50分頃、ヤンゴン市内バハン地区のシュ
 エゴンダイン交差点に面する「ユザナ・タワー」1階の郵便局で、郵便物に
 仕掛けられた爆弾が爆発し、少なくとも1人が負傷しました。

2.現在のところ、今回の事件の背景等の詳細は不明ですが、ミャンマーで
 は、2005年5月にヤンゴン市内のトレードセンターと2つのショッピングセンター
 における爆発事件で多数の死傷者が発生し、同年4月にも国内第2の都市
 マンダレーの中央市場でも死傷者の出る爆発事件が発生しており、今後も
 同様の事件が発生する可能性は否定できません。
続きを読む
【2007/01/15 13:37 】 | アジア地域の渡航情報 ミャンマー
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。