スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ラオスに対する渡航情報(危険情報)の発出
国道13号線(バンビエン~シェングンまでの区間)及びその周辺地域
 (バンビエンを除く)、シェンクワン県タートーム郡及びビエンチャン県
 サイソンブン郡(旧サイソンブン特別区)、シェンクワン県クーン郡及び
 その周辺地域、国道7号線(プークーン~ポンサワンまでの区間)及び
 その周辺(ポンサワンを除く)、フアパン県サムヌア周辺地域(サムヌアを除く)

    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●首都ビエンチャン、ポンサワン、サムヌアを含むその他の地域
    :「十分注意してください。」(継続)
                                    → 地図

1.概況
(1)ラオスにおいては、2007年2月以降、国道13号線上やその付近において、
  反政府勢力とみられるグループと政府軍との間で戦闘が発生したとの情
  報があります。また、通行中のトラックが銃撃を受け、運転手が死亡する
  事件が発生したとの情報もあります。今後も同種事件が発生する可能性
  は排除できませんので、渡航に際しては十分な注意が必要です。

(2)また、シェンクワン県タートーム郡及びビエンチャン県サイソンブン郡(旧
  サイソンブン特別区)、シェンクワン県クーン郡及びフアパン県サムヌア周
  辺地域では、反政府武装勢力が活動している模様で、過去、同勢力による
  とみられる襲撃事件が発生しています。これまで武装勢力の取締りや鎮圧
  に成功したとの報告はなく、不用意にこれらの地域を訪れた場合、不測の
  事態に巻き込まれる可能性は排除できません。

(3)首都ビエンチャンを含む全国各地においても、バスターミナル、バス等を
  狙った爆発・襲撃事件が過去に発生しているほか、首都ビエンチャンを中
  心に置き引き、侵入盗、ひったくりが多発し、日本人も被害に巻き込まれ
  ています。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/21 19:24 】 | アジア地域の渡航情報 ラオス
ラオス:ビエンチャン県バンビエン近郊における襲撃事件の発生
1.ラオスにおいては、3月20日、ビエンチャンからバンビエンに向かう国道
 13号線のホアイモーからサイソンブン方面へ約39キロ入った地点で、ま
 た、同23日にはバンビエン近郊の国道13号線北のパータオ村地点におい
 て、それぞれトラックが銃撃を受け、運転手が死傷するといった事件が発
 生したとの情報があります。
  さらに、同29日には、バンビエン北方の国道13号線カシーとプークーン
 間において反政府集団とみられるグループとラオス軍との間で銃撃戦が
 あったとの情報も寄せられています。

2.外務省では、ラオスの国道13号線(バンビエン~シェングンまでの区間)
 やその周辺地域等(バンビエンを除く)に対し、危険情報(「渡航の是非を
 検討してください。」)及び治安に関するスポット情報を発出し、注意喚起を
 行っていますが、3月20日以降襲撃事件が続発していることや、従来はバ
 ンビエン以北で発生していたこの種事件がバンビエン以南においても発生
 したとの情報があることから、十分な注意が必要です。
続きを読む
【2007/04/06 14:52 】 | アジア地域の渡航情報 ラオス
ラオス:ビエンチャン県バンビエン近郊における武力衝突の発生
1.ラオス政府関係者等によれば、2月7日頃、ビエンチャン県バンビエン近郊
 の国道13号線北のパクポー地点において、反政府集団と見られるグルー
 プとラオス軍との間で武力衝突が発生したとのことです。

2.現在までのところ事件の詳細は明らかにされてはいませんが、この衝突
 の影響でラオス軍の兵士が上記地域に増派されたという目撃情報も寄せら
 れています。また、過去には、上記地域付近やバンビエン以北の主要幹線
 道路付近において、襲撃事件の発生により外国人が死傷する事件も発生し
 ています。
続きを読む
【2007/02/21 14:49 】 | アジア地域の渡航情報 ラオス
ラオスに対する渡航情報(危険情報)の発出
国道13号線(バンビエン~シェングンまでの区間)及びその周辺地域
 (バンビエンを除く)、シェンクワン県タートーム郡及びビエンチャン県
  サイソンブン郡(旧サイソンブン特別区)、シェンクワン県クーン郡及び
  その周辺地域、国道7号線(プークーン~ポンサワンまでの区間)及び
  その周辺(ポンサワンを除く)、フアパン県サムヌア周辺地域
 (サムヌア市を除く)

    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●首都ビエンチャン、ポンサワン、サムヌアを含むその他の地域
    :「十分注意してください。」(継続)
                                         → 地図

1.概況
(1)ラオスにおいては、2003年2月以降、国道13号線上(バンビエン~シェングン
  までの区間)において、通行中の車両に対する襲撃事件が多発し、外国人を
  含む多数の死傷者が出ました。

(2)また、旧サイソンブン特別区(2006年1月、同特別区は廃止され、タートーム
  郡はシェンクワン県に、サイソンブン郡はビエンチャン県に編入されました。)
  及びシェンクワン県クーン郡並びにフアパン県サムヌア周辺地域では、反政
  府武装勢力が活動している模様で、過去、同集団によるとみられる襲撃事件
  が発生しています。これまで武装集団の取締りや鎮圧に成功したとの報告は
  なく、不用意にこれらの地域を訪れた場合、不測の事態に巻き込まれる可能
  性は排除できません。なお、2005年には、フアパン県のベトナム国境沿いの
  パーティー山付近において、軍・警察当局と現地少数民族の間で銃撃事件が
  発生しました。
続きを読む
【2006/07/27 13:46 】 | アジア地域の渡航情報 ラオス
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。