スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ナイジェリアに対する渡航情報(危険情報)の発出
リバース州ポートハーコート市
    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(引き上げ)
リバース州(ポートハーコート市を除く)、バイエルサ州及びデルタ州
    :「渡航の延期をお勧めします。」(特に組織的かつ十分な安全対
     策をとることができない方は、同地域からの退避をお勧めします。)(継続)
アクアイボム州の沿岸部
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
エキティ州
    :「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)
●その他の地域
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)

                                        → 地図


1.概況


南部の河川域に広がる石油産出地帯(ナイジャーデルタ地域)及びその周辺の州においては、2007年に入り外資系石油企業社員だけでなく外国人労働者や一般外国人をも対象とする誘拐事件が頻発しており、7月末現在で45件159人(うち4人は死亡)の外国人が誘拐されています。同地域の中でも、特にリバース州、バイエルサ州及びデルタ州の3州に対しては、既に英国及び豪州がそれぞれの自国民に対して同地域から退避するよう勧告を出しています。同3州における外国人を対象とした誘拐事件は41件に上り、既に昨年1年間の約2倍(報道によれば、昨年は約75人)に当たる148人の外国人が被害に遭っています。その他の地域においても、武装強盗、殺人、強姦、詐欺等の一般犯罪が増加の一途をたどっています。

また、H5N1型鳥インフルエンザのトリへの感染が25州で確認されているほか、1月にはラゴスでヒトへの感染例が確認されています。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/08/07 18:28 】 | アフリカ地域の渡航情報 ナイジェリア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。