スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
中国に対する渡航情報(危険情報)の発出
チベット自治区
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
青海省甘粛省及び四川省(アバ チベット族・羌(チャン)族自治州、
     甘孜(カンゼ)チベット族自治州、涼山彝(イ)族自治州)
    :「渡航の是非を検討してください。」(新規)
アフガニスタンとの国境付近
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)

                                → 地図1地図2地図3
1.概況

(1)チベット自治区では、2008年3月10日以降、僧侶などによるデモが相次ぎ、ラサ
  市内にある寺院周辺では3月14日、商店が放火されるなどの暴動が発生し、暴徒
  化した一部市民が商店・銀行等に対する投石、車両への放火、店舗の破壊等の
  行為に出たため、これに対し軍や武装警察が催涙弾等により応酬し、死傷者が
  出たとの情報があります。

(2)チベット自治区のラサ市で起きた騒乱は、周辺の青海、四川、甘粛の各省にあ
  るチベット族自治州にも波及して、デモや暴動が発生し、死傷者が出たほか、
  政府機関の建物や店舗が放火されるなどの被害が出たとの情報があります。

(3)ラサ市内の抗議行動は沈静化した模様ですが、中国当局は治安部隊を派遣
  して治安の維持と暴動に関わった当事者の摘発に当たっている他、周辺各省
  のチベット族自治州でも厳重な警戒態勢を敷いていると報じられています。

(4)アフガニスタンとの国境付近は、アフガニスタンの不安定な国内情勢の影響を
  受け、治安が不安定です。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/03/28 17:48 】 | アジア地域の渡航情報 中国
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。