スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
中国、長期・マルチビザの取得が困難に
北京オリンピックを控え、外国人の入国審査が厳格化されています。また、オリンピック開催期間中とその前後の期間については、本来であれば免除されるはずの短期観光滞在であっても、招聘状の取得や宿泊先の予約、往復航空券の所持が求められることになる見通しとなっています。

国営の新華社通信は6日、外務省の領事部関係筋の発言として、招聘状や宿泊先を証明する書類、往復航空券のチェックを入国者に対して強化する可能性を示唆したと伝えた。関係筋はさらに、中国への入国査証を各自の居住国で取得することを推奨した。 (CNN)




なお、香港でビザの発給を受けようと計画している方、特に複数回入出国する必要があったり、長期滞在する必要があるビジネスマンの方は、ご注意ください。香港での「マルチ」「ダブル」「長期」ビザの発給は、停止されているようです(4月中旬から10月中旬まで)(日本の旅行会社、及びアメリカや欧州各国の商工会議所の香港事務所による指摘。中国外務省のスポークスマンは、これを否定)。




緊急速報!中国と断交せよ!!

中国政府が突如以下の査証(VISA)の発給を停止しました。
マルチ・ダブル・長期滞在(通常の観光・留学ビザは停止していません)
これにより3ヶ月を超えての中国滞在は不可能になりました。


中国査証問題

オフショア開発サポーターズMLで、ここ2ヶ月ほど中国渡航のための
査証発給が滞っていることが議論されています。
30日以内の査証なら割とすんなり取得できますが、それよりも長期&
マルチの査証取得は難しいと報告されています。
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/05/07 16:14 】 | ビザ取得、越境に関する情報
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。