スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
スリランカに対する渡航情報(危険情報)の発出
●北部州、東部州(国道A4号線以北)、北西部州(ウィルパットゥ国立公園)
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●東部州(アルガムベイを含むアンパーラ県国道A4号線以南の地域)
 北西部州(ウィルパットゥ国立公園以外の地域)、北中央州、中央州、
 西部州(コロンボを含む)、サバラガムワ州、ウーワ州、南部州
    :「十分注意してください。」(継続)
                                     → 地図

1.概況
(1)治安情勢について
 (イ)スリランカでは、北・東部地域の分離・独立を求めるタミル人反政府組
   織「タミル・イーラム解放の虎」(LTTE)と政府との間で、2002月2月
   に無期限停戦合意が成立しましたが、2004年3月には北・東部地域に
   おいてテロ活動が再度活発化しました。
 (ロ)2006年7月下旬、LTTEが東部トリンコマリーの灌漑用水の水門を閉鎖
   したため、停戦合意が崩壊し、政府軍とLTTEの間で大規模な地上戦が
   開始されました。その後、トリンコマリー湾南岸一帯やジャフナにも戦火
   が拡大し、現在も東部州バッティカロア県北部を中心に散発的な砲撃戦
   等の戦闘が継続しています。
(ハ)LTTEは、北・東部以外の地域においてもテロ活動を活発化させていま
   す。8月にコロンボ市内でパキスタン大使を狙った爆弾事件を起こした
   ほか、10月にはシギリア付近の幹線道路沿いで海軍車両に対する自
   爆テロを行って約100名の兵士を殺害したほか、ゴールの海軍基地に
   対する海上からの攻撃を行いました。
 (ニ)10月末、スイスのジュネーブにおいて、スリランカ政府とLTTEとの間
   で直接協議が再開されましたが、両者の意見の対立は大きく、協議の
   継続すら合意出来ませんでした。
 (ホ)11月27日、プラバーカランLTTE指導者は恒例の「英雄の日」の演説
   を行い、停戦合意は消滅した、タミル・イーラムの独立国家を建設する
   しか選択肢はないと述べ、事実上の全面戦争再開とも受け取れる宣
   言を行ったことから、今後さらに事態が悪化することが懸念されます。

(2)一般犯罪について
   最近、スリランカ全土で路上強盗、カージャック、傷害、窃盗等が多
  発する傾向にあります。邦人の被害例としては、ホテルの部屋における
  空き巣被害やバス等公共の乗り物でのスリ被害が報告されています。

2.地域情勢
(1)北部州
  :「渡航の延期をお勧めします。」
   8月11日の戦闘発生以来、国道A9号線のムハマライ・チェックポイント
  が閉鎖されているため、陸路によるジャフナへの進入は不可能となって
  います。
   ジャフナ半島を含む北部州のLTTE支配地域においては、国道A9号線を
  含む主要道路を外れた場所に地雷原が多く存在するほか、道路事情や宿
  泊施設が劣悪であり、通信手段にも制限があるため、緊急事態が発生し
  た場合、迅速な対応が非常に困難です。また、政府軍は4月以降、LTTE
  による重大事件への報復のため、LTTE支配地域を空爆するなど、治安情
  勢は非常に悪化しています。つきましては、北部州への渡航は、いかなる
  目的であれ、延期するようお勧めします。

(2)東部州(国道A4号線以北)
  :「渡航の延期をお勧めします。」
   トリンコマリー湾南岸地域においては7月下旬以降政府軍とLTTEとの間
  で激しい戦闘が繰りひろげられ、トリンコマリー市周辺もLTTEによる砲撃
  の被害を受けましたが、政府軍がトリンコマリー湾南岸地域からLTTEを
  排除したことにより、同湾周辺の治安は比較的安定しています。しかし、
  LTTEはこれらの地域から撤退した後もバッティカロア県北部に拠点を移
  して現在も政府軍との間で散発的に戦闘を行っており、再び戦火が拡大
  するおそれがあります。そもそも東部州においては、政府支配地域と
  LTTE支配地域が混在しており、2004年にLTTEから分離したカルナ派も
  活動を活発化させていることから、銃撃等のテロ事件が多発しています。
  トリンコマリー県においては、11月に日系企業のスリランカ人従業員等
  が殺害される事件も発生しています。ついては、東部州(下記(4)を除く)
  への渡航は、いかなる目的であれ延期することをお勧めします。

(3)北西部州(ウィルパットゥ国立公園)
  :「渡航の延期をお勧めします。」
   2006年5月27日、ウィルパットゥ国立公園でスリランカ人旅行者が乗用
  車で観光中、地雷に触れ、7名が死亡する事件が発生しました。
特に国
  立公園北側には未だに処理されていない地雷原が存在するほか、同公園
  への道路事情が劣悪であること、また、同公園周辺の一般治安情勢が不
  安定であること等にかんがみ、渡航は延期することをお勧めします。

(4)東部州(アルガムベイを含むアンパーラ県国道A4号線以南の地域)
  :「十分注意してください。」
   9月16日、ポトゥビル南西のラデッラにおいてイスラム教徒の作業員10名
  が何者かに刃物で惨殺される事件が発生し、同地域周辺では住民による
  激しい抗議行動が発生しました。国道A4号線を含むアンパーラ県南部で
  はLTTEによる顕著な活動は確認されていませんが、何らかの事件の発生
  により激しい抗議行動、或いはゼネストの一種の「ハルタル」が発生して
  治安が急激に悪化することが予想されるため、同地域に渡航を予定されて
  いる方は最新の治安情報の入手に努め、万一、抗議行動に巻き込まれた
  場合には宿舎に避難するなど、十分に注意をしてください。

(5)北西部州(ウィルパットゥ国立公園以外の地域)
  :「十分注意してください。」
   上記(3)以外の北西部州は、2002年2月の停戦合意以降、政府軍と
  LTTEの軍事衝突や顕著な治安の悪化は報告されておらず、比較的安定
  した状況にあります。また、外国人が大きな犯罪の被害に遭ったとの報告
  もありません。しかし、LTTEによるテロの脅威が全くなくなったわけでは
  なく、和平プロセスの進展については予断を許さない状況にあります。
  つきましては、同地域に渡航・滞在を予定されている方は、「自分の身は
  自分で守る」との心構えを持って、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集
  や安全対策に努めてください。

(6)上記(1)~(5)を除く地域(コロンボを含む)
  :「十分注意してください。」
   コロンボを含む上記(1)~(5)を除く地域では、軍関係者等を狙った
  重大なテロ攻撃が発生しています。最近では、12月1日にコロンボ市内
  中心街において、ラジャーパクサ国防次官(現大統領の実弟)を狙った
  自爆テロが発生しています。これらの事件は、特定人物を狙った事件
  であり、一般市民や外国人を狙った無差別的なテロ事件とはみられてい
  ないものの、一般市民が往来する公道においても事件が発生しているこ
  とから、同様の事件に巻き込まれないよう十分な注意が必要です。テロ
  以外の一般治安情勢については、住居への侵入窃盗や強盗事件が増加
  する傾向にありますが、総じて安定した状況にあります。しかし、政府と
  LTTEの和平プロセスの動向によっては、状況が不安定になる可能性もあ
  りますので、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めて
  ください。

3.滞在に当たっての注意
  滞在中は下記の事項に十分留意して行動し、危険を避けるようにしてく
 ださい。また、外務省、在スリランカ日本国大使館、現地関係機関等より
 最新情報を入手するよう努めてください。
(1)渡航者全般向けの注意事項
 (イ)コロンボ市内においては、和平プロセスの状況によっては、LTTEに
   よるテロ事件が再開される可能性も排除しきれないことから、政治・
   経済の主要施設が密集するフォート地区等への立ち寄りは控えてくだ
   さい。
 (ロ)テロ等に巻き込まれないために、最新の治安情報の入手に努め、テ
   ロの標的となる可能性のある政府主要機関、重要経済施設、治安関係
   施設等には近づかない、多数の人が集まる場所では警戒する、周囲の
   状況に気を付けるなど安全確保に十分注意を払ってください。特に、群
   衆の集まる場所及び過去に大規模なデモや集会が行われた場所(コ
   ロンボ市内においては、フォート駅前、リプトンサーカス、国会周辺等)
   に赴く際には周囲の状況に注意してください。また、テロ事件が発生した
   場合の対応策を再点検し、状況に応じて適切な安全対策が講じられる
   ように心掛けてください。
 (ハ)麻薬を使用した場合には外国人であっても厳罰に処される可能性が
   ありますので、特に注意してください(最高刑は死刑)。
 (ニ)公共交通機関、特にバスや列車内でのスリ被害が多発しており、日
   本人の被害も時々報告されていることから、十分な注意が必要です。
   また、道路状況が非常に悪く運転マナーも悪いため交通事故が多発し
   ています。2001年には、日本人2名が交通事故で亡くなっていますの
   で、交通事故には十分注意してください。
 (ホ)コロンボ市内や地方各地では各種犯罪の未然防止等のため、軍や警
   察が検問を行っています。検問を無視して通過する車両等には発砲す
   ることもありますので、検問には従ってください。
 (へ)外出中に不測の事態が起きた場合は、自宅か職場(旅行者の場合は
   ホテル)に戻り、事態が鎮まるまで待機してください。
 (ト)2004年12月26日に発生したスマトラ沖大地震及びインド洋津波により、
   ほとんどの沿岸地域が被害を受けました。宿泊先では有事に備え、非
   常出口を確認するとともに、避難方法を確認しておくようお勧めします。
 (チ)年間を通じてデング熱の発生が見られますので、蚊に刺されないよう
   注意が必要です。
 (リ)不測の事態に備え、特にツアー等に参加していない個人の渡航者の
   方は、できるだけ在スリランカ日本国大使館との連絡手段を確保して
   おくようお勧めします。
 (ヌ)2006年12月1日より、スリランカ全土において公共の場所での喫煙が
   禁止され、違反すると罰金が科されるようになりましたので、鉄道、バス
   等の公共の乗り物を含め、路上、公園、病院、ショッピングモール等
   での喫煙は慎んでください。

(2)観光旅行者向けの注意事項
   スリランカの海岸(リゾート地を含む)は、引き潮が強く、潮の流れが
  速いため、極めて危険な状況になる
ことがありますので、遊泳にあた
  っては、ホテル従業員等の注意を厳守してください。また、宿泊施設内
  における日本人観光客の盗難被害も報告されていることから、パスポー
  トを含め身の回りの貴重品管理には十分留意してください。

(3)長期滞在者向けの注意事項
 (イ)現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡などに必要ですの
   で、到着後遅滞なく在スリランカ大使館に「在留届」を提出してください。
   また、住所その他の届出事項に変更が生じたとき又はスリランカを去る
   (一時的な旅行を除く)ときは、必ずその旨を届け出てください。
    なお、在留届の届出は、郵送、FAXのほか、インターネット
   ( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )によっても行うことができます。
 (ロ)外出の際には身の周りの安全に十分に注意してください。また、可
   能な限り夜間の外出は控えるなど、犯罪に巻き込まれないよう注意し
   てください。
 (ハ)自宅や職場の周辺で、不測の事態が起きた場合は、日本国大使館に
   連絡してください。
 (ニ)根拠のない噂に惑わされて動揺することのないよう報道のみならず
   大使館からの情報を得て確認してください。
 (ホ)情勢の不安定な地域に滞在されている方は、在スリランカ大使館と
   緊密に連絡を取ってください。また、不測の事態に備え、食料、飲料
   水を備蓄する等安全対策を講じるとともに、パスポート、貴重品、衣
   類等をいつでも持ち出せるように準備しておき、退避手段についても
   常時確認してください。


(問い合わせ先)
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3679
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在スリランカ日本国大使館
  住所:No. 20, Gregory's Road, Colombo 7, Democratic Socialist
     Republic of Sri Lanka
  電話: (94-11) 2693831~3
  FAX : (94-11) 2698629
【2006/12/13 08:30 】 | アジア地域の渡航情報 スリランカ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。