スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
パキスタン:テロ情勢悪化の懸念に伴う注意喚起
1.報道等によれば、15日、首都イスラマバード及びラワルピンディーにおい
 て自爆テロを計画した容疑でイスラム過激派の活動家2人が逮捕されたほ
 か、16日にはカラチにおいて自爆テロ計画犯3人が逮捕された模様です。
 被疑者の供述によれば、外国人を標的とした自爆テロを計画していたとの
 情報もあり、未だ未検挙のテロリストが逃走している可能性も踏まえれば、
 今後外国人をも標的とする新たな事件の発生も懸念されます。
  また、最近、イスラマバードの政府主要施設付近で迫撃砲弾や対空砲弾
 等の爆発物が設置される事件が複数回発生しています。
2.このような状況から、現在パキスタン国内各所において厳重なテロ警戒
 態勢が採られています。パキスタンに渡航・滞在される方は、これまでも
 危険情報及びスポット情報において累次にわたり注意を促しているとおり、
 テロ事件等不測の事態に巻き込まれることのないよう政府機関・軍の施設、
 宗教関連施設、欧米権益にはやむを得ぬ場合を除き不必要に近づかない、
 集会やデモが行われている場所にはできる限り近づかない、またマーケッ
 トやバス停など人が集まる場所では警戒し、周囲の状況に注意する等、安
 全対策を十分心掛けてください。また、検問所や施設の入り口等において
 は、できる限り速やかにその場から立ち去るとともに、テロ事件が発生した
 場合の対応策を再点検し、状況に応じて適切な安全対策を講じられるよう、
 心掛けてください。
  なお、爆弾事件に関しては、以下も併せて御参照ください。
 (パンフレットは、 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html )

(1)2005年10月19日付け広域情報「爆弾テロ事件に関する注意事項」

(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」

(3)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3679
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2903
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在パキスタン日本国大使館
  電話: (92-51) 227-9320
 ○在カラチ日本国総領事館
  電話: (92-21) 522-0800
【2007/02/19 16:29 】 | アジア地域の渡航情報 パキスタン
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。