スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
フィリピン:テロの脅威に関する注意喚起(2007/04/19)
1.在フィリピン米国大使館は4月19日付けで注意喚起(Warden Notice)を
 発出し、数日中に中部ミンダナオ地域でテロ攻撃が行われる可能性がある
 として、同地域への渡航の是非は慎重に決めるべきであるとしています。

2.ミンダナオ地域においては、最近では2006年10月及び2007年1月に相次
 いで爆弾テロ事件が発生しています。また、4月18日には、背景等詳細は
 不明ですが、ミンダナオ島のコタバト市で爆発事件が発生し、1人が死亡し
 ています。
3.つきましては、フィリピンへの渡航・滞在を検討されている方は、渡航を
 予定されている地域の危険情報のほか、累次スポット情報等を踏まえ、
 渡航の是非を含め自らの安全につき真剣に検討を行うようお勧めします。
 また、事前に外務省、現地の在外公館(下記参照)や関係機関、現地報
 道等より最新情報を入手するよう努めてください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在フィリピン日本国大使館(在マニラ日本国総領事館)
  電話: (63-2) 551-5710
  FAX : (63-2) 551-5780
 ○在セブ出張駐在官事務所
  電話: (63-32) 231-7321、231-7322
  FAX : (63-32) 231-6843
 ○在ダバオ出張駐在官事務所
  電話: (63-82) 221-3100
  FAX : (63-82) 221-2176
【2007/04/19 00:06 】 | アジア地域の渡航情報 フィリピン
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。