スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
マレーシアに対する渡航情報(危険情報)の発出
サバ州東側の島嶼部及び周辺海域
   :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●サバ州東海岸
   :「十分注意してください。」(継続)
→ 地図1、 地図2

1.概況
(1)マレーシアの国内治安情勢は安定していますが、東マレーシアのサバ州東
  側の島嶼部及び周辺海域
においては、これまでにフィリピン南部を拠点とする
  イスラム過激派アブ・サヤフ・グループ(ASG)等による外国人誘拐事件が発生
  しています。
   マレーシア政府は、同地域の安全性向上のため、約500キロメートルに及ぶ海
  岸線や50以上の島全域にわたって警察、軍を配備するなど警備を強化し、治安
  状況の一層の改善に努めていますが、同地域には依然として誘拐・テロの脅威
  がある旨指摘されています。

(2)サバ州東岸陸上部には、ASGや東南アジア広域で活動するテロ組織ジュマ・イ
  スラミーヤ(JI)に関係している可能性のある不法移民が未だ後を絶ちません。

(3)マラッカ海峡をはじめとする東南アジアの諸海域においては海賊事件が多発
  しており、2005年3月14日には、同海峡を航行中の日本船籍のタグボートが小船
  に襲撃され、日本人2人を含む船員3人が連れ去られる事件(同20日に解放)も
  発生しています。
2.地域情勢
(1)サバ州東側の島嶼部及び周辺海域
  :「渡航の是非を検討してください。」

 (イ)2000年4月、マレーシアのサバ州沖のダイビング・スポットとして有名なシパダ
   ン島で、ASGによる外国人ダイバー等20人の誘拐事件が発生しました。同年9
  月には、同島の北東約40キロメートルにあるパンダナン島で新たに同グループの
  犯行と見られるマレーシア人3人の誘拐事件が発生しました(この海域での誘拐
  事件については、2005年3月に公海上において、2004年4月にはフィリピン領海側
  においても起きているところ、フィリピン領域内での誘拐事件及びASGの活動につ
  いては、フィリピンの危険情報も御参照ください)。
 (ロ)2001年6月、サバ州東側のサンダカン沖でシージャック事件が発生しました。
 (ハ)つきましては、サバ州東側の島嶼部及び周辺海域への渡航・滞在を予定されて
   いる方は、同地域において依然として誘拐の脅威が指摘されている点を留意し、
   渡航の是非を含め自らの安全につき真剣に検討してください。また、現下の情勢
   にもかかわらず渡航される場合には、十分信頼できる旅行エージェントを選び、
   その旅行エージェントが如何なる安全対策をとっているか確認し、また、ダイビン
   グや釣り等で海上に出る際には、沖合等への移動は極力避けるとともに、警備当
   局の目の届く範囲から外れないか慎重に確認することを含め、十分な安全対策
   をとられるようおすすめします。

(2)サバ州東海岸
  :「十分注意してください。」

   同海岸陸上部では、上記1.(2)に加え、最近ではJI幹部容疑者の潜入に関する
  報道の他、過去にはセンポルナ町に近いクナ村において武装集団がリゾートホテ
  ルを襲撃し外国人を誘拐する事件や、サンダカン市におけるJIメンバーの逮捕があ
  り、引き続き不安が払拭できない状況です。つきましては、同地域における行動は
  十分な注意を心掛けてください。

3.その他の注意事項
  マレーシアに渡航・滞在される際は、以下を参考にしつつ、危険を避けるため関係
 機関等より最新情報を入手するよう努めてください。
  また、現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡などに必要ですので、到着
 後遅滞なく、管轄の大使館または総領事館に「在留届」を提出してください。また、住
 所その他の届出事項に変更が生じたとき又はマレーシアを去る(一時的な旅行を除く)
 ときは、必ずその旨を届け出てください。
  なお、在留届の届出は、郵送、FAXのほか、インターネット
 ( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )によっても行うことができます。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在マレーシア日本国大使館
  住所:11, Pesiaran Stonor, Off Jalan Tun Razak, 50450, Kuala
     Lumpur, Malaysia
  電話: (60-3) 2142-7044
  FAX : (60-3) 2167-2314
 ○在コタキナバル日本国総領事館
  住所:18th Floor, Wisma Perindustrian Jalan Istiadat, Likas
     88400, Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
  電話: (60-88) 254-169
  FAX : (60-88) 236-632
 ○在ペナン日本国総領事館
  住所:28th Floor, Manara BHL, No.51 Jalan Sultan Ahmad Shah,10050
     Penang, Malaysia
  電話: (60-4) 226-3030
  FAX : (60-4) 226-1030
 ○在ジョホールバル出張駐在官事務所
  住所:Suite 15B, Menara Ansar, No. 65 Jalan Trus, 80000 Johor
     Bahru, Johor Darul Takzim, Malaysia.
  電話: (60-7) 221-7621
  FAX : (60-7) 221-7629
【2006/08/23 10:06 】 | アジア地域の渡航情報 マレーシア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。