スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ミャンマー:ヤンゴン市内における爆弾爆発事件
1.報道によると、1月15日昼の12時50分頃、ヤンゴン市内バハン地区のシュ
 エゴンダイン交差点に面する「ユザナ・タワー」1階の郵便局で、郵便物に
 仕掛けられた爆弾が爆発し、少なくとも1人が負傷しました。

2.現在のところ、今回の事件の背景等の詳細は不明ですが、ミャンマーで
 は、2005年5月にヤンゴン市内のトレードセンターと2つのショッピングセンター
 における爆発事件で多数の死傷者が発生し、同年4月にも国内第2の都市
 マンダレーの中央市場でも死傷者の出る爆発事件が発生しており、今後も
 同様の事件が発生する可能性は否定できません。
3.つきましては、ミャンマーに渡航・滞在される際は、最新の治安関連情報
 の入手に努めるとともに、標的となる可能性のある政府機関、軍、警察関係
 の施設には近づかない、市場や映画館等、これまでに爆弾事件の対象とな
 っている施設をできる限り避ける、その他の人が多く集まる場所では周囲の
 状況に注意を払うなど、安全確保に十分注意を払うようにしてください。また、
 不測の事態に備えて、2005年10月19日付け広域情報「爆弾テロ事件に関す
 る注意事項」、パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」及び同「海外へ進出
 する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」を参考にして、適切な安全
 対策を採るよう心掛けてください。
 ( http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載) 

4.なお、ミャンマーに対しては、別途「危険情報」が発出されていますので、
 その内容にも御留意ください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在ミャンマー日本国大使館
  住所:No. 100, Natmauk Road, Bahan Township, Yangon,
     The Union of Myanmar
  電話: (95-1) 549644~8
  FAX : (95-1) 549643
【2007/01/15 13:37 】 | アジア地域の渡航情報 ミャンマー
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。