スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ベラルーシに対する渡航情報(危険情報)の発出
●ベラルーシ南東部
    :「十分注意してください。」(継続)
                                      → 地図

1.概況
(1)治安は他のCIS(独立国家共同体)諸国と比較すると良好な状態にあり
  ます。

(2)しかし、ベラルーシでは近年犯罪率が上昇する傾向にあり、スリや強盗、
  車上荒らし及び女性に対する痴漢行為等には常日頃から注意が必要で
  す。最近では、組織的な犯罪も増加傾向にあり、特にスキンヘッド・グル
  ープによる外国人に対する暴行事件も発生しています。

(3)2006年3月19日の大統領選挙後、ベラルーシでは野党勢力の動きが活発
  になり、集会やデモが行われています。最近では2007年3月25日に、約5千
  人規模の野党集会が行われました。不測の事態を避けるため、集会やデ
  モに興味本位で参加したり、近づいたりすることは控えてください。


(4)南東部は1986年に起こったチェルノブイリ原子力発電所事故による
  放射能汚染の影響が深刻な地域があります。

2.地域情勢
(1)南東部
  :「十分注意してください。」

   1986年、隣国ウクライナ(当時、ソ連邦)のチェルノブイリ(ウクライナ・ベ
  ラルーシ国境より10Km)で発生した原子力発電所事故の際、風向きの影
  響で放射能汚染物質の約70%がベラルーシに流されました。事故から約
  20年を経た現在でも放射能汚染の影響は深刻で、チェルノブイリ原発
  に近い南東部の一部
には、強制退去地域に指定されている地域や放射
  能値が1平方キロメートル当たり15キュリー以上(自然界での放射能値は
  通常1平方キロメートル当たり1キュリー以下)の地域があり、人体に放射
  能被害を与える危険性がありますので、同地域に渡航・滞在を予定されて
  いる方は、健康管理や食物に十分注意してください。

(2)その他の地域
   上記(1)以外の地域には危険情報は発出されていませんが、2005年9
  月14日及び22日にビテプスク市(ベラルーシ北東部)で爆発があり、22日
  の爆発では42人が負傷する事態が起こりました。政府はテロの可能性を
  否定しているものの、2件ともベラルーシ人民解放軍という犯罪組織が犯
  行声明を出しており、テロの可能性も排除できません。このため、警備の
  手薄な地方へ渡航される方は、このような事件に巻き込まれないよう注意
  してください。

3.滞在にあたっての注意
  滞在中は、下記の事項に十分留意して行動し、危険を避けるようにしてく
 ださい。また、外務省、在ベラルーシ日本国大使館、現地関係機関等から
 最新情報を入手するよう努めてください。

(1)渡航者全般向けの注意
 (イ)ベラルーシに入国するにはビザが必要です。日本又は各国にあるベ
   ラルーシ大使館においてビザを取得してください。ベラルーシに入国す
   る場合、1日あたり約15米ドルに滞在日数を乗じた金額、トランジットの
   場合は約68米ドル以上の金額を所持している必要があります。また、
   自動車でトランジットとしてベラルーシに入国する場合は、指定さ
   れた国際ルート以外の通行は認められません。

 (ロ)ベラルーシに72時間以上滞在する場合には、入国後72時間以内に
   各地に点在するオビール(外国人在留登録所)において在留登録
   を行う必要があります。
登録を行っていない場合、不法入国の疑いで
   連行される可能性がある上、空港で出国を許されないなどトラブルの原
   因となりますので、十分注意してください。登録の際には本人と身元保証
   人のパスポートがそれぞれ必要となります。ただし、ホテルに滞在する
   場合は、ホテルが身元保証人となって登録を代行しますので問題ありま
   せん。また、年間を通じ90日以上滞在する場合は、内務省から短期居
   住許可証を取得する必要があります。
 (ハ)ベラルーシでは、身分証明書の携行が義務付けられていますので、
   常にパスポートを携行するようにしてください。滞在中、警察官等から提
   示を要求された際に、身分証明書を携行していない場合、不法入国等
   の疑いで警察署等へ連行される可能性がありますので注意が必要です。
 (ニ)ベラルーシ入国の際に、空港等で保険に加入する義務があります。
   滞在日数に応じて保険料が設定されており、現在7日間の滞在で7米ド
   ルとなっています。この保険は国内保険という考え方であるため、事前
   に海外旅行傷害保険に加入している場合でも、すべての外国人はベラ
   ルーシの保険に加入しなければなりません。
 (ホ)2006年11月より出入国カードが導入されました。入国審査に当たって、
   記載した出入国カードを提出してください。出国部分は返却されるので、
   出国まで無くさないよう保管してください。ただし、ウクライナやポーランド
   など近隣諸国から陸路で入国する場合、出入国カードが渡されない場
   合があります。出国の際にトラブルになる可能性があるので、入国の際
   は必ず受け取るようにし、必要事項を記入の上、提出してください。なお、
   出入国カードは、各国のベラルーシ大使館で事前に受け取ることができ
   ます。
 (ヘ)1万米ドル相当額以上の現金をベラルーシ国内に持ち込む場合は、税
   関申告書に金額を明記し、空港内の赤ゾーン(申告)で必ず申告してく
   ださい。出国の際に税関未申告が明らかになった場合、全額没収の可
   能性があります。1リットルを超えるアルコールや、20本を超えるタバコ、
   6個以上の宝石及び2個以上の腕時計は関税の対象となります。
 (ト)ミンスク第2空港は、2007年5月1日から6月15日までの予定で滑走路工
   事を行うため、毎日午後11時から翌朝6時まで閉鎖されます。ただし、閉
   鎖の時間帯でも、時刻表に掲載されている便は運行される予定です。
 (チ)食料品の残留放射能については、ベラルーシの調査機関が危険性の
   有無を厳しく検査しています。そのため、現在では一般生活において過
   度に健康への影響を心配する必要はありません。しかし、市場の周りな
   どで個人が売っている出所の分からない食品については注意が必要で
   す。

(2)観光旅行者向けの注意事項
 (イ)公用語はベラルーシ語とロシア語となっていますが、一般に使う言葉
   としてはロシア語が定着しています。地下鉄や道路標識等はベラルー
   シ語で表示されています。最近ではホテル等で英語が通じるところも
   増えつつありますが、市場や商店等ではほとんど英語は通じません。
 (ロ)公共交通機関やエレベーター等、一般人と一緒になる場所では特に
   荷物や所持金に注意を払うことが必要です。比較的治安は良好とはい
   え、アジア人は町中でも目立ちやすいことを念頭に置いて行動してく
   ださい。日本人がスキンヘッド・グループなどの組織的な犯罪組織の
   被害に遭ったとの報告はありませんが、怪しいグループを見かけた際
   は、目を合わさない、極力近寄らないなどの注意が必要です。
 (ハ)通貨はベラルーシ・ルーブルで、2007年4月現在のレートは1米ドル
   =2,140ベラルーシ・ルーブル、1ユーロ=2,900ベラルーシ・ルーブル
   となっています。ホテルやデパート等に多くの両替所が設置されてい
   ますので、そこで米ドルやユーロから両替するのが一般的です。また、
   市内各所に設置されているATMから、VISA、Masterカードなどで現地
   通貨を引き出すことも可能です。トラベラーズチェックの認知度も広が
   りつつあり、銀行で換金することが可能となっています。ミンスク市内に
   は日本円の両替可能な銀行もありますが、為替レートはよくありません。
   また、首都以外の地方都市における日本円からの両替はほぼ不可能
   です。
 (ニ)近代的な医療設備の整った病院は少ないため、ベラルーシで十分な
   治療を受けることは期待できません。持病のある人はもちろんのこと、
   健康な人であっても、下痢止めや胃腸薬等を用意しておくようお勧めし
   ます。また、念のため、出国前に緊急救援アシスタントサービスが付
   加されている海外旅行傷害保険
に加入しておくようお勧めします。
 (ホ)衛生上、水道水はほとんど問題ありませんが、飲料には適していない
   ので、フィルターを通して飲むか、市販のミネラルウォーターを購入され
   るようお勧めします。また、ミンスク郊外にある井戸水は不衛生なので
   飲まないよう気をつけてください。

(3)長期滞在者向けの注意事項
 (イ)現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡などに必要ですの
   で、到着後遅滞なく在ベラルーシ日本国大使館に在留届を提出してく
   ださい。また、住所その他の届出事項に変更が生じたとき又はベラル
   ーシを去る(一時的な旅行を除く)ときは、必ずその旨を届け出てくださ
   い。なお、在留届の届出は、郵送、FAXのほか、インターネットによって
   も行うことができます。( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )
 (ロ)常に連絡できる体制を維持し、緊急事態時に速やかな行動がとれる
   よう日頃から配慮しておいてください。
 (ハ)不測の事態が発生した場合は、すぐに在ベラルーシ日本国大使館に
   連絡するようにしてください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在ベラルーシ日本国大使館
  住所:Pr.Pobediteley 23/1, 8th floor,220004,Minsk,
     Republic of Belarus
  電話: (375-17) 2036233
  FAX : (375-17) 2112169

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/01 19:20 】 | 欧州地域の渡航情報 ベラルーシ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。