スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
トンガに対する渡航情報(危険情報)の発出
●首都ヌクアロファ
    :「十分注意してください。」(引き下げ)
●上記を除く地域
    :「十分注意してください。」(継続)
                                       → 地図

1.概況
(1)トンガでは、昨年11月に暴動が発生し、政府の協力要請を受けて、豪州及
  びニュージーランドの治安部隊が派遣されましたが、12月には全て引き上
  げられました。現在、政府軍・警察共同で治安維持活動を行いつつ暴動実
  行犯及び煽動者の捜査と逮捕を進めています。

(2)水及び電気の供給は昨年11月末には復旧し、焼き討ちにあった商店の多
  くは場所を移して営業しており、市民生活は、大きく被害を受けたヌクアロ
  ファ中心部を除いて正常に戻っています。ただし、暴動に関与した者が逮
  捕を免れて潜伏している可能性があり、また一部市民の間に民主化遅延
  への不満があると考えられますので、今後不測の事態が発生する可能性
  は低いとは言えないとみられています。
2.地域情勢
(1)首都ヌクアロファ市内
  :「十分注意してください。」

 (イ)トンガでは、昨年11月16日、議会で民主化推進のための措置が進んで
   いないことに反発した民衆の一部が暴徒化し、首都ヌクアロファ市内を中
   心に、官庁やスーパーマーケット、ホテル等を襲撃する事態が発生しまし
   た。同日深夜に入り、暴徒が新たに中国人系の商店に放火をし始めた一
   方、軍・警察合同の治安維持部隊が出動して暴徒の鎮圧に当たりました。
   事態を重く見た政府は、17日午後、非常事態措置として、治安維持部隊に
   令状なしの逮捕や集会禁止、移動の制限等の権限を与える非常事態権限
   法(EMERGENCY POWERS ACT)を発出し、さらに、豪州及びニュージー
   ランドに治安部隊派遣の協力を要請しました。
 (ロ)昨年12月には、豪州及びニュージーランドの治安部隊は引き上げられ、
   現在、政府軍及び警察が共同で治安維持活動を行い、暴動実行及び扇
   動者の捜査と逮捕を進めています。同暴動の逮捕者の予審が3月6日から
   開始される予定です。
 (ハ)現在、治安は保たれており、水及び供給を含め市民生活はほぼ復旧し
   ています。しかし、依然として逮捕を免れた暴動関与者が潜伏している可
   能性があることから、ヌクアロファ市内を中心に今後再び騒ぎが発生する
   可能性も十分にあります。つきましては、ヌクアロファ市内を訪れる際には
   周囲の状況に十分注意するとともに、不測の事態が生じる可能性の高い
   官公庁周辺に近づく場合には御自身の安全に十分気を配ってください。
 (ニ)首都ヌクアロファ市内中心部では、非常事態権限法に基づく立ち入り禁
   止措置が一部で執られていますので、規制区域内には立ち入らないよう
   注意願います。

(2)上記を除く地域(首都ヌクアロファ以外のトンガタプ島を含む)
  :「十分注意してください。」

   逮捕を逃れた暴動実行犯が潜伏している可能性がある上に、今回の暴
  動を契機とした社会不安により今後犯罪が増加する可能性もあります。
  つきましては、渡航の際には、現状は以前の平和で安全なトンガと異なる
  ということを念頭に置き、十分注意してください。

3.滞在に当たっての注意
  滞在中は、以下の注意事項に留意し、危険を避けるようにしてください(一
  般治安情勢に関しては、〈安全対策基礎データ〉を参照してください。)。ま
  た、外務省、在フィジー日本国大使館(トンガを兼轄)、現地関係機関等よ
  り最新情報を入手するよう努めてください。
(1)現在、トンガ人の間で、近隣の中国人家屋を自発的に警護したりしていま
  すが、トンガ人の中国人に対する一般的な反感は根強いものがあり、邦
  人旅行者が中国人と間違えられて襲われる可能性も否定できません
  ので、十分に注意してください。

(2)現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡などの際に必要ですの
  で、到着後遅滞なく在フィジー日本国大使館に在留届を提出してください。
  また、住所その他届出事項の変更及びトンガを去る(一時的な旅行を除く)
  ときは、その旨の届出(変更及び帰国届)を行ってください。
  なお、在留届の届出は、郵送、ファックスのほか、インターネットによる電子
  届出も可能です。( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロに関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在フィジー日本国大使館
  住所:2nd Floor, Dominion House, 1 Suva, Fiji
  電話: (679) 3304633、3302122
  FAX : (679) 3302984、3301452

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/02/28 20:27 】 | 大洋州地域の渡航情報 トンガ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。