スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
米国:ニューヨークにおける爆発事件
1.5月5日午前3時30分頃(現地時間)、ニューヨーク市マンハッタン・ミッド
 タウン地区に所在する英国総領事館等が入居しているビル(3番街51丁目)前
 の植え込みに置かれた爆発物が爆発しました。

2.同日午前8時(現地時間)、ブルームバーグ・ニューヨーク市長及びレイ・
 ケリー警視総監が記者会見を行い、本爆発事件の概要につき以下のとおり述
 べました。
(1)爆発は5日午前3時30分頃、英国総領事館が入居するビル前で発生した。
  同ビルには、英国総領事館の他、外国企業等が入居している。

(2)この事件で同ビル1階のガラスが割れる等したが、ビルの保安要員、ドア
  マンも含め負傷者等は出ていない模様。現在、警察当局は3番街49丁目から
  53丁目までを閉鎖し、現場検証を行っている。

(3)現在のところ、この事件の目的、対象、動機は不明であり、事前にも事
  後にも犯行予告及び犯行声明等は行われていない。

(4)爆発物はビル前の植え込みに2個仕掛けられていたと見られ、黒色火薬を
  使用した爆発物で時限装置等は発見されていない。現在、警察他関係当局
  は事件発生地域周辺で破片等を収集し、また、被害にあったビル及びその
  付近のビルに設置された監視カメラのビデオ映像の調査等を行っている。

3.この事件は、英国本国の総選挙に絡む事件とも推測されていますが、現在
 のところ不明です。また、上記記者会見において、ブルームバーグ市長は、
 英国総領事館を狙ったテロである等、特定の判断を下すには時期尚早である
 旨繰り返し呼びかけています。
  しかし、上記のような爆発事件が発生したことにも留意し、テロ事件や不
 測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の関連情報の入手に努め、テ
 ロの標的となる可能性がある施設等の危険な場所にはできる限り近づかない、
 大勢の人が集まる場所では警戒する、周囲の状況に注意を払うなど安全確保
 に十分注意を払って下さい。
  また、テロ事件が発生した場合の対応策を再点検し、状況に応じて適切な
 安全対策が講じられるよう心掛けて下さい。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロに関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在ニューヨーク日本国総領事館
  住所:299 Park Avenue, New York, NY 10171, U.S.A.
  電話: (1-212) 371-8222
  FAX : (1-212) 319-6357

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2005/05/06 16:41 】 | 北米地域の渡航情報 アメリカ合衆国
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。