スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
アルメニアに対する渡航情報(危険情報)の発出
アゼルバイジャンとの国境周辺地域
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●上記を除く地域(首都エレバンを含む)
    :「十分注意してください。」(継続)
                                     → 地図

1.概況
  アルメニアは、従来よりナゴルノ・カラバフ地域をめぐって隣国アゼルバイ
 ジャンとの間に紛争を抱えており、両国の国境周辺地域では発砲事件など
 が散発的に発生しています。また、首都エレバンなど上記以外の地域でも、
 政情不安から治安が悪化する可能性があります。
2.地域情勢
(1)アゼルバイジャンとの国境周辺地域
  :「渡航の延期をお勧めします。」

   アルメニアは、従来よりナゴルノ・カラバフ地域をめぐって隣国アゼルバイ
  ジャンとの間に紛争を抱えています。両国は1994年5月以降停戦中ですが、
  2006年3月から4月にかけて両国の国境周辺地域では発砲事件などの停戦
  違反事件が散発的に発生
し、双方の警備兵などに死傷者が出ています。
  両国の間では累次、紛争解決に向けた交渉が行われており、2006年11月に
  も両国首脳による会談が行われましたが大きな進展は見られず、今のところ
  ナゴルノ・カラバフ問題解決の見通しは立っていません。
   同地域では、発砲事件等に巻き込まれる危険性があり、地雷も残存してい
  ます。また、今後のアルメニア及びアゼルバイジャン両政府の対応によって
  は、不測の事態が発生する可能性も否定できません。つきましては、同地域
  への渡航は、目的の如何を問わず、事態が改善されるまでの間、延期する
  ようお勧めします。

(2)上記を除く地域(首都エレバンを含む)
  :「十分注意してください。」

   上記を除く地域についても、例えば首都エレバンでは2004年春に野党勢力
  が政権交代を求めて集会を開催し、政権側との間で一時緊張が高まった経
  緯があります。また、現在は鎮静化していますが、2005年11月の憲法改正を
  めぐる国民投票の際には、野党勢力が投票ボイコットや抗議行動を行いまし
  た。2007年5月に議会選挙、2008年3月には大統領選挙が予定されており、
  今後も政治・経済情勢が不安定化することによって治安が悪化する可能性
  は十分ありますので、渡航する際には十分注意して行動し、危険を避けるよ
  うにしてください。

3.滞在に当たっての注意
  滞在中は、下記の事項に十分留意して行動し、危険を避けるようにしてくだ
 さい。
  なお、アルメニアには日本国大使館が設置されていないため、緊急の事
 件、事故が発生した場合の迅速な対応が困難ですので、同国に渡航される際
 には事前に外務省、在ロシア日本国大使館(アルメニアを兼轄)、現地関係
 機関等より最新の情報を入手するとともに、上記の国境周辺地域への渡航を
 控えるなど、安全の確保に努めてください。万一、事件、事故に巻き込まれた
 場合には、在ロシア日本国大使館に連絡してください。

(1)現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡などに必要ですので、到
  着後遅滞なく在ロシア日本国大使館に「在留届」を提出してください。また、
  住所その他の届出事項に変更が生じたとき又はアルメニアを去る(一時的な
  旅行を除く)ときは、必ずその旨を届け出てください。なお、在留届の届出は、
  郵送、FAXのほか、インターネット( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )によって
  も行うことができます。

(2)現在のところ、外国人の被害は多くはないものの、スリ、空き巣、車上荒らし
  によるカーラジオ等の盗難が報告されていますので、むやみに財布、現金を
  見せることは避け、基本的な防犯対策及び安全対策をとってください。

(3)犯罪被害を防止するため、浮浪者や物乞いに注意する必要があります。自
  宅の扉をノックする物乞いが少なくないので、ノックされても扉を安易に開けず、
  相手をよく確認してください。

(4)深夜の交通手段としては、流しのタクシー(特に無許可のタクシー)の利用は
  避け、タクシー会社から呼び出すタクシーを利用するようにしてください。

(5)アルメニアは地震災害の多い地域ですので、平素より10日分程度の食料・
  飲料水等の備蓄をお勧めします。

4.隣国のアゼルバイジャン、グルジア及びイランにも各々危険情報が発出され
 ていますので御留意ください。

5.アルメニアでは、これまでに鳥インフルエンザが発生したとの報告はありませ
 んが、感染・死亡者が出ているトルコ東部地域及びアゼルバイジャンに近接し
 ていますので、旅行又は滞在される方は、感染症関連情報にも御留意ください。
 ( http://www.pubanzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html )


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在ロシア日本国大使館
  住所:Grokholsky perevlok 27, Moscow, 129090, Russia
  電話: (7-495) 229-2550、229-2551
  FAX : (7-495) 229-2555

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/10 09:07 】 | 旧ソ連邦地域の渡航情報 アルメニア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。