スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
モロッコ:タンジェ港からの出国時における注意
1.2006年11月10日付けスポット情報(モロッコ出入国時における注意)でも
 お知らせしていますが、モロッコに空路で入国した日本人旅行者がタンジェ
 (Tangier:タンジール)港からスペイン等へ船舶で出国する際、出入国管理
 担当者より「空路でモロッコに入国した場合は空路で出国しなければなら
 ない」と出国を拒否される事例が依然として発生しています。また、その場
 にいる警察官等から金品を要求されたとの報告が複数の旅行者から寄せ
 られています。

2.近年、日本人と偽った東洋人が偽造パスポートを使用して欧州方面へ密
 入国を試みるという事案が多発しており、これを防止するための出入国管
 理強化が上記トラブルの背景であると考えられます。特に、アフリカ諸国
 から空路でモロッコへ入国し、タンジェ港から出国する東洋人に対しては、
 入国)審査が厳しく行われています。また、旅行者と出入国管理担当者
 との間での説明不足等コミュニケーションが十分にとれていないこともトラ
 ブルの一因となっているようです。
※ 「出国」の間違いと思われる。 by 管理人

3.つきましては、モロッコに渡航・滞在される方は次の点に留意してくださ
 い。
(1)モロッコには「空路で入国した場合、空路で出国しなければならない」
  という規定はありません。
   出入国管理担当者よりこのような指摘を受けた場合には、「そのような
  規定はない」旨を伝え出国の許可を求め、同担当者が求めに応じない
  場合には在モロッコ日本国大使館に御連絡ください。

(2)モロッコを出国する際に正当な理由なく警察官等に対して金銭を支払
  う必要はありません。
   万一、出国の際に金品を要求されることがあっても、その理由に疑義
  がある場合には、大使館に問い合わせると断った上で速やかに日本大
  使館へ御連絡ください。

(3)身なり等から不法移民と疑われる場合もありますので、なるべく服装に
  は気をつけるようにしてください。また、著しく汚損・毀損したパスポートも
  同様に疑われる場合があります。

(4)モロッコにおいてはアラビア語(公用語)及びフランス語が広く使われて
  いますが、英語については出入国管理当局等においてもほとんど通じな
  いことに留意してください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在モロッコ日本国大使館
  住所:39 Avenue Ahmed Balafrej, Souissi, Rabat, Maroc
  電話: (212-37) 63-17-82~84
  FAX : (212-37) 75-00-78

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/14 00:39 】 | アフリカ地域の渡航情報 モロッコ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。