スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ベネズエラ:偽装検問による誘拐事件の発生
1.ベネズエラに対しては、これまで危険情報において、カラカス首都区のリ
 ベルタドール(カラカス)市、スクレ市、コロンビアとの国境地帯に「渡航の是
 非を検討してください。」を、その他の地域に対して「十分注意してください。」
 を発出しており、注意を呼びかけています。

2.2006年2月から3月にかけて、カラカス首都区リベルタドール市ビスタ・ア
 レグレ地区、アラグア州マラカイ市エル・ボスケ地区、タチラ州サン・クリスト
 バル市ピリネオス地区において、警察の制服を着用した者らによる「偽装検
 問」により、ベネズエラ人及び外国人の資産家・家族が誘拐される事件が
 連続して発生しました(マラカイ市で誘拐された被害者1人は遺体となって
 発見されました)。
3.上記事件を踏まえて、現地治安当局は、偽装検問ではないことを証明する
 ために、本物の検問には必ずパトカー・警察のオートバイを配置する等の対
 策を講じる予定です。また、同治安当局は、もしパトカー等が配置されてい
 ない検問に遭遇した場合には、以下のような対応を心がけるよう助言してい
 ます。

(1)偽装検問であっても本物の検問であっても、発砲される可能性があるた
  め、検問を無視して突破してはいけない。

(2)車から降りずに、窓を少しだけ開けて対応する。

(3)パトカー又は警察のオートバイが見あたらない場合、直ちに警察に電話
  連絡する。

4.つきましては、ベネズエラに渡航・滞在される方は、危険情報・スポット情報
 の内容にも留意し、誘拐等不測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の
 関連情報の入手に努めるとともに、検問には注意するなど、安全確保に注意
 を払うよう心掛けてください。また、在ベネズエラ日本国大使館領事部では、
 現地治安当局の対応等最新の情報を提供していますが、もし、不審な検問に
 遭遇した場合には、その場から直ちに同領事部に連絡してください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3399
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロに関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在ベネズエラ日本国大使館
  電話: (58-212) 261-8333
  FAX : (58-212) 261-6780

テーマ:南米 - ジャンル:海外情報

【2006/04/05 00:20 】 | 中南米地域の渡航情報 ベネズエラ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。