スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
グルジア:首都トビリシ市における強盗事件に対する注意喚起
1.5月1日、グルジアの首都トビリシ市において邦人旅行者が見知らぬ男4人
 に声を掛けられた後、人気のない場所で顔面を殴打され所持品を奪われる
 強盗被害が発生しました。首都トビリシ市では、2007年に入り、邦人が被
 害に遭う強盗事件が相次いで発生しています。
2.いずれも見知らぬ男数人に親しげに声を掛けられ、道を案内する等と人
 気のない場所へ連れて行かれ、殴られる、刃物で刺されるなど手荒い方法
 で現金、パスポートやカメラ等の貴重品を強奪されています。

3.このような目に遭わぬよう、トビリシ市では見知らぬ人から声をかけら
 れても応じないほか、夜間の外出や人気のない場所を歩くことは避け、複
 数での行動を心掛けてください。


(問い合わせ先)
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在アゼルバイジャン日本国大使館
  Embassy of Japan
  住所:Hyatt Tower III, 6th Floor, Izmir Str. 1033, az1065 Baku,
     Azerbaijan
  電話: (994-12) 4907818~19
  FAX : (994-12) 4907817、20
  ホームページ: http://www.az.emb-japan.go.jp

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/21 18:37 】 | 旧ソ連邦地域の渡航情報 グルジア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。