スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ペルー:リマ市サンタ・アニタ区に対する非常事態宣言の発令と5郡4町に対する非常事態宣言の再延長
1.5月24日、ペルー政府は、リマ市サンタ・アニタ区所在の市場で、商人を中
 心として約1万人が市場を不法占拠したことを受けて、同地区に非常事態宣
 言を発令する旨発表しました(期間:5月25日から7日間)。なお、ペルー国家
 警察は7千人の警察官を動員し、不法占拠者に対して速やかに撤退するよう
 最終通告を発していますが、商人らはいまだ抵抗を続けている状況です。

2.また、同日、同国政府は、現在非常事態宣言が発令されている5郡4町
 
 フニン州:サティポ郡、コンセプシオン郡アンダマルカ町、コマス町
      ワンカヨ郡サント・ドミンゴ・デ・アコバンバ町、パリアワンカ町
 アヤクチョ州:ワンタ郡、ラ・マル郡
 クスコ州:ラ・コンベンシオン郡
 ワンカベリカ州:タヤカハ郡

 について、非常事態宣言を再延長(期間:5月25日から7月23日までの60日
 間)する旨発表しました。
  同国政府は、2003年9月26日以降、センデロ・ルミノソ(SL)が活動している
 とされる地域を非常事態宣言地域に指定し、同地域に国軍等の治安部隊を
 派遣してSLの掃討作戦を展開しています(2007年3月27日付けスポット情報
 「非常事態宣言の再延長」参照)。
  なお、上記の5郡4町のほかにも、SLが活動しているとされる6郡

 ワヌコ州:マラニョン郡、ワカイバンバ郡、レオンシオ・プラド郡、ワマリエス郡
 サン・マルティン州:トカチェ郡
 ウカヤリ州:パドレ・アバッド郡
 
 にも別途非常事態宣言が発令されています(期間:4月18日から6月16日まで
 の60日間)。

3.ペルーに渡航・滞在を予定される方は、在ペルー日本国大使館(在リマ総
 領事館)やテレビ・ラジオ等で最新の情報入手に努めるなど、安全確保に
 は十分注意してください。また、上記2.の非常事態宣言発令地域には、「
 航の延期
をお勧めします。」の危険情報が発出されていますので、不測の
 事態に巻き込まれないためにも同地域への渡航は避けてください。また、
 非常事態宣言地域に隣接する地域に渡航する際にも、安全確保に細心の
 注意を払ってください。
  なお、ペルーには上記非常事態宣言発令地域以外にも「渡航の是非を検
 討してください。」または「十分注意してください。」の危険情報が発出されて
 いる地域がありますので、同内容についても十分御留意ください。

(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3496
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在ペルー日本国大使館(在リマ日本国総領事館)
  住所:Avenida San Felipe 356, Jesus Maria, Lima, Peru
     (Apartado No.3708)
  電話: (51-1) 218-1130
  FAX : (51-1) 463-0302

テーマ:ペルー - ジャンル:海外情報

【2007/05/28 01:20 】 | 中南米地域の渡航情報 ペルー
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。