スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
トンガに対する渡航情報(危険情報)の発出
●トンガタプ島(首都ヌクアロファを含む)
    :「十分注意してください。」(継続)
●上記を除く地域
    :「十分注意してください。」の解除
                                    → 地図

1.概況
(1)5月16日、トンガ政府は、昨年11月の暴動発生時に発出した非常事態
  権限法の適用地域をトンガタプ島のみに縮小しました。このことは同島
  以外における情勢が安定してきたことを示しており、市民生活は、被害
  の大きかった首都ヌクアロファ中心部を除き正常に戻っています。

(2)ただし、ヌクアロファ市内を中心に、暴動に関与した者が逮捕を免れて
  潜伏している可能性があり、市民の一部に民主化遅延への不満がある
  と考えられますので、今後、不測の事態が発生する可能性も排除でき
  ません。
2.地域情勢
(1)トンガタプ島(首都ヌクアロファを含む)
  :「十分注意してください。」

 (イ)トンガでは、昨年11月16日、議会で民主化推進のための措置が進ん
   でいないことに反発した民衆の一部が暴徒化し、首都ヌクアロファ市内
   を中心に、官庁やスーパーマーケット、ホテル等を襲撃する事態が発
   生しました。同日深夜に入り、暴徒が新たに中国人系の商店に放火を
   し始めた一方、軍・警察合同の治安維持部隊が出動して暴徒の鎮圧に
   当たりました。事態を重く見た政府は、17日午後、非常事態措置として、
   治安維持部隊に令状なしの逮捕や集会禁止、移動の制限等の権限を
   与える非常事態権限法(EMERGENCY POWERS ACT)を発出し、さら
   に、豪州及びニュージーランドに治安部隊派遣の協力を要請しました。
 (ロ)昨年12月には、豪州及びニュージーランドの治安部隊は引き揚げ、現
   在、政府軍及び警察が共同で治安維持活動を行い、暴動実行及び扇
   動者の捜査と逮捕を進めた結果、大半の容疑者が逮捕され、現在裁判
   が継続しているところです。
 (ハ)5月16日には、非常事態権限法の適用地域がトンガタプ島のみに限定
   され、また5人以上の集会禁止条項が削除(ただし警察は集会を制限す
   る権限は有します)される等、情勢に応じた若干の緩和措置が実施され
   ました。
 (ニ)現在、治安は保たれており、水及び生活物資の供給を含め市民生活
   はほぼ復旧しています。しかし、依然として逮捕を免れた暴動関与者が
   潜伏している可能性があることから、ヌクアロファ市内を中心に今後不測
   の事態が発生する可能性も排除できません。つきましては、ヌクアロファ
   市内を訪れる際には周囲の状況に十分注意するとともに、不測の事態が
   生じる可能性の高い官公庁周辺に近づく場合には御自身の安全に十分
   気を配ってください。
 (ホ)首都ヌクアロファ市内中心部では、非常事態権限法に基づく立ち入り禁
   止措置が一部でとられていますので、規制区域内には立ち入らないよう
   注意してください。

(2)上記を除く地域
  :「十分注意してください。」の解除

   トンガ政府による軍・警察の治安維持活動もあり、今回の暴動を契機と
  した社会不安を背景に今後犯罪が増加する可能性は低くなりました。
  しかし、トンガタプ島は、今だ非常事態権限法の適用を受けていますので、
  最新の情報に注意してください。

3.滞在に当たっての注意
  滞在中は、以下の注意事項に留意し、危険を避けるようにしてください(一
 般治安情勢に関しては、〈安全対策基礎データ〉を参照してください。)。また、
  外務省、在フィジー日本国大使館(トンガを兼轄)、現地関係機関等より最
  新情報を入手するよう努めてください。
(1)一般的に、トンガ人の中国人に対する反感には根強いものがあり、邦人
  旅行者が中国人と間違えられて襲われる可能性も排除できませんので、
  十分に注意してください。

(2)現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡などの際に必要ですの
  で、到着後遅滞なく在フィジー日本国大使館に在留届を提出してください。
  また、住所その他届出事項の変更及びトンガを去る(一時的な旅行を除く)
  ときは、その旨の届出(変更及び帰国届)を行ってください。なお、在留届
  の届出は、郵送、ファックスのほか、インターネットによる電子届出も可能
  です( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロに関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在フィジー日本国大使館
  住所:2nd Floor, Dominion House, Suva, Fiji
  電話: (679) 3304633、3302122
  FAX : (679) 3302984、3301452

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/28 18:09 】 | 大洋州地域の渡航情報 トンガ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。