スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
マリ:日本人を狙った詐欺事件に対する注意喚起
1.最近、マリにおいて、日本人旅行者を狙った詐欺事件(旅行代金の詐
 欺)が発生しました。犯行の手口は、概ね次のとおりです。

(1)犯人の男は、巧みな日本語を操り、「他よりも安い値段で観光旅行が
  できる」等持ち掛けて、日本人旅行者の関心を買う。

(2)次いで、「自分は10年間日本にいて、外国人登録証明書も持っている」
  と同証明書を見せたり、日本で流行っている若者向けTV番組や日本の
  タイムリーなニュースを持ち出したり、更には、日本語の看板が掲げら
  れた旅行事務所に案内したりして、日本人旅行者を信用させる。
2.つきましては、マリに渡航・滞在を予定されている方は、上記事情を踏
 まえ、詐欺に遭わないよう御注意ください。


(問い合わせ先)
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在セネガル日本国大使館(マリを兼轄)
  住所:Boulevard Martin Luther KING, DAKAR, SENEGAL (B.P.3140)
  電話:221-849-5500
  FAX :221-849-5555

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2006/10/10 20:43 】 | アフリカ地域の渡航情報 マリ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。