スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ガーナに対する渡航情報(危険情報)の発出
北部州のイエンディ郡
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●上記を除く全地域
    :「十分注意してください。」(継続)
                                    → 地図

1.概況
(1)ガーナでは、警察治安当局の取締り努力もあって、治安情勢は比較的
  安定した状況にあります。

(2)2004年12月の大統領選挙及び議会選挙は総じて平穏に実施されました
  が、いくつかの州では与野党支持者間で暴力事件が発生し、特に北部州
  タマレ市では死者も出ました。現在、選挙に関わる治安の混乱は収拾さ
  れていますが、北部州、アッパー・イースト州を含むいくつかの地域では、
  部族間対立と政党支持者間の対立が連動していることが多く、突発的に
  混乱が生じる可能性もあります。

(3)4月24日、テマ市(首都アクラ近郊の都市)近郊の養鶏場でH5N1型鳥イ
  ンフルエンザの発生が確認されました。
2.地域情勢

(1)北部州のイエンディ郡
  :「渡航の是非を検討してください。」

   北部州のイエンディ郡においては、2002年3月に、有力部族のダゴンバ
  族同士の衝突により、多数が死亡する事件が発生しました。この事件を
  受け、クフォ-大統領は同郡を中心としたダゴンバ族の領域全土に対し
  て「非常事態宣言」を発動しました(その後解除)。その後、事態は沈静化
  していますが、近隣の地域において小競り合い等が発生しています。つき
  ましては、治安情勢が不安定化する可能性が引き続き存在しますので、
  北部州のイエンディ郡への渡航に関しては、渡航の是非を含め自らの安
  全につき真剣に検討し、十分な対策を講じるようお勧めします。

(2)上記を除く全地域
  :「十分注意してください。」

 (イ)北部州のタマレ市、トロン・クンブン、サベルグ・ナントン、カラガ、
    グシェグ、及びザズグ・タタリの5郡

    同州内のイエンディ郡及びタマレ市において治安情勢が不安定化す
   る可能性は残っており、その場合には、上記5郡への影響も予想されま
   すので、同地域に渡航を予定されている方は、安全確保のため十分注
   意されるようお勧めします。
 (ロ)上記((2)(イ))を除く地域
    アクラ市内を中心として、ひったくりなどの窃盗事件や銃器を使用
   した早朝・深夜の強盗事件が目立っており、最近では外国人の被害も
   多く発生しています。被害発生件数の多いひったくりの手口としては、
   歩行者の後ろからオートバイや車輌で近づき、追い抜きざまに手荷物
   を持ち去ることが多いため、手荷物は車道と反対側の手で体から離さ
   ないように持ち、常に身の回り、特に後ろからの車輌等の接近に注意
   してください。
    同地域に滞在する場合には、最近の犯罪多発地帯である空港周辺、
   海岸周辺(特にココロビテビーチ)、オス地域マ-ケット(特にマコラ)、
   マディナ地区及びバスターミナル付近にはできるかぎり近づくことを避
   け、複数で行動し、後をつけられていないか等細心の注意を払うように
   してください。また、最近では言葉巧みに親しげに近づいて騙すといっ
   た手口も見られます。これらの事件は日没後(特に午後6~11時頃)に
   多く発生しており、夜間の不要不急の外出はできるだけ控えるようにし
   てください。同地域に渡航・滞在を予定されている方は、安全確保のた
   め十分注意されるようお勧めします。

3.滞在に当たっての注意事項
(1)渡航者全般向けの健康上の注意事項
 (イ)ガーナでは、年間を通じてマラリアが発生しており、最も注意を要す
   る疾患です。熱帯熱マラリアの割合が95%と高く、日本人など初感染
   者は放置すると1週間程度で死亡することがあります。短期旅行者は、
   事前に医師等と相談の上、予防投薬を検討してください。マラリアは
   「ハマダラカ」という蚊が媒介して感染します。潜伏期は7~12日間で、
   主な症状は発熱ですが、子供には典型的な症状が現れないことがあ
   り、進行も早く、重篤になりやすいので注意が必要です。蚊に刺され
   ないように虫除けスプレー、蚊取り線香、蚊取りマット、蚊帳の使用、
   長袖・長ズボンの着用、夜間外出(ハマダラカは午後4時以降に出現
   しやすい)を控える等の防御策が必要です。また、発熱が起こった場
   合はマラリアを想定して繰り返し検査を行い、陽性であれば速やかに
   治療を開始する必要があります。マラリアの治療薬は現地でも購入可
   能です。ガーナの医療事情は日本と比べると劣悪であり、日本で治療
   可能な疾患でも治療が困難な場合があります。万一に備えて緊急移
   送を含む海外旅行傷害保険に加入しておくようお勧めします。
なお、
   ガーナではマラリアの他にも風土病がありますのでその対応等につい
   ては、外務省海外安全ホームページ内の安全対策基礎データ及び「世
   界の医療事情」を御参照ください。
 (ロ)テマ市(首都近郊の都市)近郊の養鶏場でH5N1型の鳥インフルエン
   ザの発生が確認されました。予防策等の詳しい情報については、外務
   省海外安全ホームページ内の渡航情報・感染症(鳥インフルエンザ)
   関連情報を御覧ください。

(2)渡航者全般向けの注意事項
   国内での移動は必ず車輌で行うようにしてください。なお、アクラ市内
  では外国人を対象とした銃器等を使用したカージャックが増加傾向にあ
  るため、注意が必要です。また、車内外でのスリ、置き引きの被害が多
  発していますので、所持品、特に貴重品は手から離さず、スキを見せな
  いなど注意が必要です。万一、強盗に遭遇した場合は、生命に危険が及
  ぶ可能性がありますので、抵抗は避けてください。また、性犯罪が増加
  傾向にあるため、夜間外出を控える、一人歩きをしない、見知らぬ人に
  関わらないなど十分に注意が必要です。

(3)商用取引関係者向けの注意事項
 (イ)金やダイヤモンドの購入取引を持ちかけられた場合は、高価値鉱物
   マーケティング公社(PMMC)を通じてアドバイスを得るようお勧めしま
   す。ガーナにおいては、必ずしもPMMCを介さなければ金及びダイヤ
   モンドの取引ができないというわけではありませんが、PMMCは金及び
   ダイヤモンドの取引の真正性を保証できる国内唯一の公的機関である
   ため、PMMCを介さず採掘会社及び販売会社と直接取引を行い詐欺に
   遭う被害が増加していますので注意してください。また、詐欺の多くに、
   日本に滞在する外国人が善意の第三者を装って関与しています。
 (ロ)邦人を含め外国人が被害者となる通称「419事件」(国際詐欺事件)
   が増加しているので注意してください。手口としては、マネーロンダリ
   ング型(資金洗浄型)、貿易取引型、入札型、遺産相続型、紙幣消印
   型及び金保管型等、年々手口も巧妙化しています。これら手口の詳
   細については、外務省海外安全ホームページの中の広域情報に掲載
   (2005年6月6日付け)しているほか、同ホームページに掲載している
   「海外邦人事件簿」においても紹介(VOL.04「日本国内で遭う国際詐
   欺事件」、VOL.47「おいしいメールと国際詐欺」)していますので御参
   照ください。
 (ハ)海外からの送金及び現金引き出しが必要な場合には、警察に助言
   もしくは警備を依頼してください。

(4)リベリア人難民を名乗る詐欺についての注意事項
   インターネットや電子メールを利用した結婚詐欺に注意してください。
   ガーナに滞在するリベリア人難民を名乗り、交際や結婚などといった話
   題で連絡を続け、日本への渡航費用や査証(ビザ)の取得に必要だとし
   て数千ドル(数十万円)の送金を要求し、送金した後は音信不通となっ
   て騙されたことが発覚する等の被害報告が増加しています。この場合、
   相手から送られてくる写真のほとんどが欧米系の白人女性であり、ID
   カード等には氏名欄など個人データが含まれていることもありますが、
   簡単に信用することは禁物です。報道等によれば、多くの場合、写真と
   は全くの別人が電子メールを送っていた例や、男性が女性を装って被
   害者男性を騙していたケースがほとんどです。

(5)観光旅行者向けの注意事項
   繁華街においては、たくさんの物売りに囲まれることがあり、スリやひっ
  たくりの被害に遭うこともありますので注意が必要です。また、夜間の犯
  罪が増加していますので、夜間外出は控えるようにしてください。なお、
  夜間外出が必要な場合は、必ず車輌を使用し、人通りの少ない道は避け、
  複数で行動するよう心掛けてください。

(6)長期滞在者向けの注意事項
   ガ-ナに滞在中の方は、上記事項を十分考慮するとともに、下記の事
  項に十分留意して行動してください。また、外務省、在ガ-ナ日本国大
  使館及び現地関係機関等より最新情報を入手するよう努めてください。
 (イ)現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡に必要ですので、
   到着後遅滞なく在ガーナ日本国大使館に「在留届」を提出してください。
   また、住所その他届出事項に変更が生じたとき又はガーナを去る(一
   時的な旅行を除く)ときは、必ずその旨を届け出てください。なお、在留
   届の届出は、郵送、FAXのほか、インターネットによっても行うことが
   できます。( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )

 (ロ)外出の際には、身の周りの状況に十分御注意ください。また、可能
   な限り夜間の外出は控えるなど、犯罪に巻き込まれないよう注意して
   ください。
 (ハ)自宅や職場の周辺で、不測の事態が起きた場合には、在ガ-ナ日本
   国大使館に連絡してください。
 (ニ)隣国のコートジボワール及びトーゴにも各々危険情報が発出されて
   いますのでご留意ください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在ガ-ナ共和国日本国大使館
  住所:Fifth Avenue Extension, West Cantonments Accra, Ghana
     (P.O.BOX 1637)
  電話: (233-21) 765060、765061
  FAX : (233-21) 762553

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/05/15 21:31 】 | アフリカ地域の渡航情報 ガーナ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。