スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
西サハラに対する渡航情報(危険情報)の発出
下記以外の地域
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●ラユーン市、スマラ市、ブジュドゥール市、ブクラ市、ダクラ市及び
  これらの都市を結ぶ幹線道路
    :「十分注意してください。」(継続)
                                      → 地図

1.概況
  西サハラにおいては、1974年にスペインが同地域から撤退後、同地域の
 領有を主張するモロッコと独立を目指すポリサリオ戦線との間で、1976年
 に武力紛争が発生しました。この紛争は1988年に停戦が成立し、今日まで
 停戦が維持されていますが、帰属問題はいまだ解決されていません。
  また、同地域においては、市街地及び幹線道路を除き地雷が撤去されて
 おらず、依然として触雷の危険があります。
2.地域情勢
(1)下記(2)以外の地域
  :「渡航の延期をお勧めします。」

   市街地及び幹線道路以外の地域では、停戦前に設置された地雷が未撤
  去のまま残されています。これらの地域では、たびたび地雷による事故が
  発生しており、非常に危険な状態であると考えられます。
   また、ポリサリオ戦線の排除を目的としてモロッコにより築かれた「砂の壁」
  と呼ばれる全長約2,000kmに及ぶ防護壁が、市街地及び幹線道路から離れ
  た内陸部に存在しており、その周辺では現在もモロッコ軍が駐留し監視を行
  っています。近年では不法移民の流入を防ぐために取締りが強化されてお
  り、旅行者がこれらの地域へ不用意に近づいた場合、尋問を受けたり身体
  を拘束されるおそれがあります。
 
   つきましては、これらの地域へ渡航・滞在を予定されている方は、どのよう
  な目的であれ渡航を延期することをお勧めします。

(2)ラユーン市、スマラ市、ブジュドゥール市、ブクラ市、ダクラ市及び
  これらの都市を結ぶ幹線道路
  :「十分注意してください。」

   ラユーン市において、2005年5月にラユーン所在の刑務所に拘束されて
  いる犯罪者をモロッコ国内の刑務所に移送することに反対するデモが発
  生し、デモ隊が市庁舎へ投石したりモロッコ国旗に火をつけるなど過激化
  した結果、デモ隊と機動隊が衝突し、20人が負傷する事態となりました。
  上記の各都市においては、モロッコに対する旧西サハラ系住民の反感も
  あるため、今後も過激なデモ等が発生する可能性は排除できません。

   つきましては、これら各都市に渡航・滞在を予定されている方は、デモ等
  不測の事態に巻き込まれないよう十分に注意してください。

3.滞在に当たっての注意
  滞在中は、下記の事項を参考に行動し、危険を避けるようにしてください。

(1)外務省、在モロッコ日本国大使館、現地関係機関等より最新情報を入
  手するよう努めてください。

(2)パスポート(又は滞在許可証)を常時携帯するとともに、現地では警察官・
  軍関係者の指示に従ってください。(特に夜間の外出については、現地の
  警察署やホテル等において、地域情勢に関する十分な情報を収集し、安
  全確保に努めてください。)

(3)地雷への接触を避けるため、各都市間の移動時には幹線道路外の地域
  に立ち入らないでください。

(4)群集には近づかないようにし、デモ等に遭遇した場合は直ちに安全な場
  所に避難してください。

(5)在モロッコ日本国大使館の所在するラバト市から西サハラまでは、遠距
  離にあることに加え、交通手段の制約等の問題があるため、事件・事故が
  発生した場合の迅速な対応が困難な状況にありますので御留意ください。
  したがって、同地域への渡航に際しては、緊急移送サービス等が付さ
  れた海外旅行保険等に加入することをお勧めします。


(6)現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡等に必要ですので、
  到着後遅滞なく「在留届」を在モロッコ日本国大使館に提出してください。
  また、届出事項に変更が生じたとき、又は西サハラから去る(一時的な旅
  行を除く)ときは、その旨を届け出てください。
   なお、在留届の届出は、郵送、ファックスの他、インターネットによっても
  行うことができます。( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )

(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3680
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在モロッコ日本国大使館
  住所:39 Av. Ahmed Balafrej, Souissi, Rabat, Maroc
  電話: (212-37) 63-17-82~85(85:領事部直通)
  FAX : (212-37) 75-00-78

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2007/06/06 01:14 】 | アフリカ地域の渡航情報 西サハラ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。