スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
中国:鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑いに対する対応の解除
1.中国(江蘇省南京市)における鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑いに対する
 対応の解除
  2007年12月11日付けスポット情報にてお知らせしました中国(江蘇省南京市)に
 おける鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑い例の発生に対し、我が国厚生労働省
 は12月27日付けで以下のとおり検疫体制の強化措置の解除を発表しました。

  12月9日以降実施していた中国からの帰国者に対する検疫体制の強化について、

 ・中国政府衛生部が濃厚接触者すべての健康監視の終了について発表したこと
 ・患者の隔離から潜伏期間以上の日数が経過し、同一地域において新たな感染
 者が認められないこと

 から、本対応については、12月26付けにて解除しました。

  なお、中国からの帰国者に対し、鳥インフルエンザ(H5N1)流行国として以下の
 とおり従来の対応を継続しています。
(1)サーモグラフィー(熱感知装置)等により、インフルエンザ様症状の者(38℃
 以上の発熱及び急性呼吸器症状がある者)を確認。

(2)上記(1)で確認されたインフルエンザ様症状の者については、10日以内に、
 (イ)鳥インフルエンザ(H5N1)に感染している又は感染している疑いのある鳥と
  接触したか
 (ロ)鳥インフルエンザ(H5N1)に感染している又は感染している疑いのある患者
  と接触したか
  を確認。

(3)上記(2)で接触歴が確認された者については、鳥インフルエンザ(H5N1)に
  感染しているか検査を実施。

(4)上記(3)で検査中にH5型の鳥インフルエンザが確認された者や、検査の結果、
  H5N1型鳥インフルエンザに感染していることが確認された者は、治療のための
  入院措置をとる。

2.鳥インフルエンザ発生国・地域では、引き続き、不用意にトリに近寄ったり触れ
 たりせず、衛生管理にも十分注意してください。また、帰国時に高熱、咳症状が
 見られる場合には検疫所の健康相談室にお申し出ください(帰宅後に同様の症
 状が現れた場合には、最寄りの保健所に相談し、感染地域に渡航していた旨を
 お知らせください)。その他、感染地域滞在の注意事項については、「海外渡航
 者のための鳥及び新型インフルエンザに関するQ&A」を御参照ください。
 ( http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html )

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/01/11 19:25 】 | アジア地域の渡航情報 中国
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。