スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ジンバブエ:大統領選挙に伴う治安悪化の懸念に関する注意喚起
1.ジンバブエでは、2008年3月29日に大統領選挙、国会議員選挙及び地方議会議員
 選挙が同時に実施される予定です。
  これまで、2000年、2002年及び2005年に行われた選挙では、選挙がらみの暴力
 事件が多発したり、食料、水及びガソリン等の燃料が不足しました。特に、2002年の
 大統領選挙では、与野党間の激しい衝突に一般市民が巻き込まれて負傷し、さらに
 暴徒化した大統領候補支持者が商店街を襲撃する等の事件が発生しました。

2.現在、ジンバブエでは、年率10万パーセント(1月時点での予想値)を超えるハイパ
 ーインフレーションが進む等、経済状況が過去の選挙時と比べて一層悪化していま
 す。また、食料やガソリン等の生活基本物資の慢性的な不足、さらには停電・断水
 などが恒常的に発生し、経済・社会状況が極めて不安定化しています。したがって、
 来る3月の選挙時期には、前回選挙時同様のデモや騒動等が発生する可能性も考
 えられます。

3.つきましては、ジンバブエに渡航、滞在を予定されている方は、最新の治安情勢の
 入手に努めるとともに、以下の事項を参考にして、不測の事態に巻き込まれないよう
 十分注意してください。

(1)政治的な発言は控える。
(2)デモや政治集会等の群衆が集まっている場所や政府機関周辺には近づかない。
(3)日没後の外出を控える。
(4)集団での行動は控える等慎重に行動する。

4.ジンバブエに対しては、別途「十分注意してください。」の危険情報が
 発出されていますので、同情報の内容にも御留意ください。

テーマ:南アフリカ - ジャンル:海外情報

【2008/02/27 21:21 】 | アフリカ地域の渡航情報 ジンバブエ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。