スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
スペイン:テロ組織ETAによるとみられる爆発事件
1.2月9日午前9時30分頃(現地時間)、スペインの首都マドリード北東の会議
 場「イフェマ(IFEMA)」付近において、テロ組織ETA(「バスク祖国と自
 由」(注))によるとみられる自動車爆弾による爆発が発生しました。爆発
 の前に、ETAの代理人を称する者からバスク州の地元紙に予告電話があり、
 報道によれば、これまでのところ30人程度の負傷者が出た模様です。

(注)ETA(バスク祖国と自由)
   1959年5月31日結成。バスク地方(スペイン北東部及びフランス南西部に
  またがるバスク人居住地域)の分離独立を目的とする組織。活動範囲は、
  スペインのバスク州、ナバラ州を中心にマドリード州、カタルーニャ州、
  アンダルシア州等スペイン全土に及び、主に政府、政治家、企業、軍、警
  察等をテロの標的としている。使用武器は爆弾及び銃器で、これまで850
  人以上を暗殺、その他多数の負傷者を出している。
2.今次事件の背景等については明らかになっていませんが、スペインにおい
 ては、これまでもETAが観光・リゾート地を含む各地で爆弾テロ事件を起こ
 しており、今後、観光地等多くの者が集まる場所においてETAが更なるテロ
 を敢行する可能性も排除されません。

3.つきましては、スペインに渡航・滞在される方は、観光地も含め、爆弾事
 件や不測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の治安情報の収集に努
 め、安全確保に十分心掛けてください。
  また、ETAが無差別テロを敢行する際には、多くの場合予告電話をかけてお
 り、警察官等が付近の住民を避難させた後、爆弾が爆発している状況が見ら
 れますので、周囲の状況に十分注意を払い、警察官等の立ち入り禁止、避難
 等の指示がある場合には、その指示どおりに行動して下さい。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロに関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2903
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在スペイン日本国大使館
  住所:Calle Serrano, 109, 28006-Madrid, Espana
  電話: (34) 91-590-7600
  FAX : (34) 91-590-1321
 ○在バルセロナ日本国総領事館
  住所:Av. Diagonal, 640, 2o, D Edificio Caja Madrid 08017 Barcelona
  電話: (34) 93-280-3433
  FAX : (34) 93-280-4496
 ○在ラスパルマス出張駐在官事務所
  住所:Calle Santiago Rusinol No.12, 35005-Las Palmas de Gran Canaria, Espana
  電話: (34) 928-24-4012、24-3466
  FAX : (34) 928-29-7290
【2005/02/09 16:01 】 | 欧州地域の渡航情報 スペイン
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。