スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
タジキスタンに対する渡航情報(危険情報)の発出
ゴルノ・バダフシャン自治州のアフガニスタンとの国境付近
    :「渡航の延期をおすすめします。」(継続)
●ゴルノ・バダフシャン自治州のアフガニスタンとの国境付近、
  首都ドゥシャンベ市及びホジェンド市を除く地域
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●首都ドゥシャンベ市及びホジェンド市
    :「十分注意してください。」(継続)
                                      → 地図

1.概況
(1)タジキスタンでは、1997年の政府と反政府勢力間の和平合意以降、国内
  の政治的混乱がもたらす不安定な状況は徐々に改善の方向に向かって
  います。

(2)しかし、ゴルノ・バダフシャン自治州のアフガニスタンとの国境付近につい
  ては、交通・社会インフラや通信事情が極めて悪く、冬期から夏期にかけて
  は、雪崩、地滑り及び増水による被害が広範囲にわたり発生しているほか、
  車輌の転落事故が多数発生しています。
(3)ハトロン州のアフガニスタンとの国境付近並びにタジキスタン中央部ガル
  ム地方においては、治安面での改善が認められる一方で、通信・交通・
  宿泊設備等のインフラ整備は遅々として進んでおらず、これらを原因とす
  る悪天候時の落石、土砂崩れ事故等の発生及び腸チフス、コレラ等の流
  行が確認されています。

(4)近年、反政府武装組織の活動等は確認されていませんでしたが、2005
  年1月と6月の2度にわたり、ドゥシャンベ市中心部にある非常事態省の前
  で自動車爆弾が爆発し死傷者が出ましたが、この事件に関し、検事総長
  はイスラム過激派組織「ウズベキスタン・イスラム運動(IMU)」によるテロ
  と断定しました。また、2006年5月にはタジキスタン北部ソグド州イスファラ
  地域において、同過激派組織と見られる武装集団による国境保護国家委
  員会の駐屯部隊に対する襲撃事件が発生したほか、2006年6月には首都
  ドゥシャンベ市内の3か所において連続爆発事件が発生しました。国内に
  おいては未だ反政府武装組織等が活動を継続しています。

2.地域情勢
(1)ゴルノ・バダフシャン自治州のアフガニスタンとの国境付近
  :「渡航の延期をおすすめします。」

   現在、タジキスタン東部のゴルノ・バダフシャン自治州のアフガニス
  タンとの国境付近の治安状況は大きく改善しています。他方、同地域は
  中央からの交通アクセス状況が極めて悪く、転落事故の発生件数も多
  く、また、通信を含む社会インフラも不十分で、渡航に適した環境が整
  備されていません。このほか、同国境付近の道路には、タジキスタン国
  境保護国家委員会による検問所が数多く設置され、武装勢力及び麻薬・
  武器密輸業者等の取締りを厳しく行っているほか、一部地域には地雷が
  埋設されています。また、同地域においては麻薬等の売買を巡る誘拐事
  件も発生しています。つきましては、ゴルノ・バダフシャン自治州のアフガ
  ニスタンとの国境付近については、目的の如何を問わず渡航の延期を
  おすすめします。

(2)上記(1)並びに首都ドゥシャンベ市及びホジェンド市以外の地域
  :「渡航の是非を検討してください。」

 (イ)タジキスタンでは、1992年から1997年にかけて続いた内戦の結果、
   道路網等の社会的インフラの整備が停滞し、首都ドゥシャンベ市及び
   ソグド州ホジェンド市等の一部都市を除き、公共移動手段(バス等)
   及び宿泊施設が殆ど整備されていませんので、ガイド等を介さない一
   般旅行者の国内移動には、治安が回復したとはいえ、依然として多く
   の問題があります。更には、飲料水等が原因とみられる風土病(腸チ
   フス、マラリア、コレラ等
)もしばしば発生していますので、シャワー、
   歯みがき、
レストランでの食事等の際には生水、氷、生野菜等を口に
   しないよう十分注意してください。
 (ロ)反政府武装勢力の活動が活発であったガルム地方東部(ガルム地方
   東経70度付近より東のカラテギン渓谷とタヴィルダラ渓谷を中心とす
   る地域)の情勢は改善しつつあります。同地域における国際機関、国
   際NGO等の活動も活発化しており、また同地域に入った各種視察団、
   国連及びNGO関係者からの事件・事故等の報告もありません。しかし
   ながら、同地域において、2004年8月には元反政府組織野戦司令官の
   率いる武装集団が警察署及び検察事務所を襲撃する事件が発生する
   など、一部山岳地域においては、未だ内戦時の影響が残っており、依然
   油断できない状況にあります。また、この襲撃実行犯の供述によれば、
   反政府武装勢力及びイスラム過激派組織「ウズベキスタン・イスラム
   運動(IMU)」
のメンバーが同山岳地域に潜伏しているとの情報もあり
   ます。更に、同地域は、道路環境の未整備から、悪天候による落石、
   土砂崩れが頻繁に発生するなど、未だ一般旅行者の受入に適した十分
   な社会インフラは整備されていません。
 (ハ)タジキスタン西部のハトロン州のアフガニスタンとの国境付近では、
   米国の援助によりタジキスタン・アフガニスタン国境間の橋梁建設が
   始まっているほか、国際機関及びNGOの活動も活発化するなど、状況
   は安定しています。他方、同国境付近は、アフガニスタンからの麻薬
   密輸業者が最も多く検挙されている地域であり、タジキスタン国境保護
   国家委員会による検問所が多数設置され、麻薬・武器密輸業者等に対
   する厳しい監視が行われています。一方、2005年2月には国境付近に
   おいて軍事施設などを写真撮影した邦人がロシア国境警備隊により
   身柄を拘束される事件も発生していますので、国境付近における行動
   には特に注意してください。なお、アフガニスタンとの国境警備につい
   ては、従来ロシア国境警備隊が担当していましたが、2005年6月をも
   って国境地域の警備管轄は全てタジキスタン国境保護国家委員会へ
   移管されました。
 (ニ)ソグド州を中心とするウズベキスタンとの国境付近には、1999年以降
   地雷が敷設され、幹線以外のルートを使用した地域住民に犠牲者が
   出ているほか、国境付近においてタジキスタンとウズベキスタンの両
   国境監視隊員による単発的な銃撃戦も発生していますので、国境付近
   においては特に注意が必要です。また、同州東部のイスファラ行政郡
   のキルギス国境付近においては、イスラム過激派組織の活動が活発で
   あり、2006年1月に刑務所、5月に国境保護国家委員会の部隊が武装集
   団による攻撃を受け、多数の死傷者が発生しています。つきましては、
   これら地域への渡航に際しては、その是非を含め自らの安全につき
   真剣に検討され、渡航する場合には、安全確保のため十分準備される
   ようおすすめします。

(3)首都ドゥシャンベ市及びホジェンド市
  :「十分注意してください。」

 (イ)首都ドゥシャンベ市及び北部の中心都市ホジェンド市においては、商
   業店舗数が増え、市民の日常生活も安定してきています。一方、タジ
   キスタンは、依然として経済的に貧しい国であり、ドゥシャンベ市でも、
   2002年2月に国際NGO事務所で強盗事件が発生し、同年10月には同じ
   く国際NGO事務所において強盗殺人事件が発生するなど、首都ドゥシ
   ャンベ市や北部の中心都市ホジェンド市において富裕層が強盗等の
   標的になっています。また、内務省の犯罪統計によれば、犯罪発生
   件数は増加傾向にあるほか、最近の経済成長により、特に両市にお
   いては貧富の格差が急速に広まりつつあり、富裕層を標的とした犯罪
   は今後増加するものとみられています。
 (ロ)近年、タジキスタンでは反政府武装組織の活動は確認されていませ
   んでしたが、2005年1月と6月の2度にわたりドゥシャンベ市のほぼ中
   心地にある非常事態省の前において発生した爆発事件に関して、検事
   総長がイスラム過激派組織「ウズベキスタン・イスラム運動(IMU)」
   が敢行したテロと断定したほか、2006年1月27日にはホジェンド市から
   近いカイラクム刑務所において、身柄拘束中であった同イスラム過激
   派組織のメンバーが武装集団により奪還されるという事件(銃撃により
   看守が死亡)が発生しています。また、2006年5月12日にはソグド州
   イスファラ行政郡東部のキルギス国境付近において、IMU武装集団が
   国境保護国家委員会の部隊を急襲し、多数の武器・弾薬を強奪し、キル
   ギス領内へと逃走する事件(同委員会部隊とキルギス国境警備隊特殊
   部隊による合同作戦の結果、犯人5人を射殺、1人を身柄確保)が発生
   しました。更に、2006年6月16日には首都ドゥシャベ市中心部において
   3回連続の連続爆発事件が発生したほか、同日ドゥシャンベ郊外にある
   天然ガス施設が爆発しました(連続爆発事件との関連性について現在
   調査中)。このように、国内には依然として、アル・カーイダと密接な
   つながりがあると見られるイスラム過激派「ウズベキスタン・イスラム
   運動(IMU)」や内戦和平後の武装解除に応じない反政府武装勢力が潜
   んでいるものとみられますので、引き続き十分な注意が必要です。
 (ハ)このほか、2005年夏にはコレラ感染とみられる患者が数千人規模で
   発生し、首都ドゥシャンベ市内においても複数の死者が出ていますの
   で、シャワー、歯みがき、レストランでの食事等の際には、生水、氷、
   生野菜等を口にしないように十分注意してください。また、近年ドゥシャン
   ベ市内においては野犬が急増しており、狂犬病による死亡例も多数
   確認されていますので、特に夜間の外出には十分注意してください。
   つきましては、両市への渡航に際しては、最新の治安関連情報を収集
   し、滞在中は安全確保のために十分注意を払ってください。

3.滞在にあたっての注意
  滞在中は、下記の事項に十分留意して行動し、危険を避けるようにして
 ください。また、外務省、在タジキスタン日本国大使館、現地関係機関等
 より最新の情報を入手するよう努めてください。また、夜間の徒歩での外
 出は極力避けるとともに、宿泊するホテルは安全な場所を選ぶなどの点に
 も留意してください。不測の事態が発生した場合は、大使館に連絡してく
 ださい。
(1)渡航者全般向けの注意事項
 (イ)現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡などに必要ですの
   で、到着後遅滞なく在タジキスタン日本国大使館に在留届を提出して
   ください。また、住所その他届出事項の変更及びタジキスタンを去る
   (一時的な旅行を除く)ときは、その旨届け出てください。届出に際
   しては、郵送、ファックスのほか、インターネットによる電子届出も
   可能です( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )。
 (ロ)査証・出入国審査
    タジキスタン入国に際しては査証が必要です。日本には、タジキス
   タン大使館が置かれていないため、第三国に所在するタジキスタン大
   使館・総領事館で査証を取得することになります。邦人旅行者が、無
   査証でのタジキスタン入国が可能との誤った情報に基づきタジキスタ
   ンへ入国しようとして、入国管理局でトラブルとなった事例も発生し
   ていますので、十分注意してください。タジキスタン国内への持ち込
   みが禁止されている物品は、麻薬、銃器のほか、ポルノ雑誌などで
   す。スパイ活動の道具と見なされるような物品(望遠鏡、工具類な
   ど)も持ち込みを拒否される場合があります。また、古美術品等、歴
   史的価値のあるもの、または国家的な財産と見なされるものは国外持
   ち出しが禁止されています。
 (ハ)パミール通行許可証の取得
    ゴルノ・バダフシャン自治州を通行するためには、査証の他にパミ
   ール通行許可証
(パーミット)の取得が必要です。最近、この許可証
   を事前に取得することなく、同地域を通行した邦人旅行者が現地警察
   との間でトラブルを引き起こす事例が増えています。場合によっては、
   身柄を拘束される可能性もありますので、十分注意してください。
 (ニ)滞在登録
    タジキスタンに滞在する外国人は、滞在登録を義務付けられていま
   す。ホテルに宿泊する場合はホテル側が手続を行ってくれますが、
   テル以外に滞在する場合には「オビール」(査証・滞在登録局)に
   おいて自分で滞在登録を行うことが必要となります。
最近、この
   滞在登録を怠り、内務省から不法滞在を指摘される事例が増えていま
  すので、十分注意してください。
 (ホ)旅行制限、写真撮影の制限
    通常の査証のみでは、ゴルノ・バダフシャン自治州側を通行するこ
   とはできませんので、十分注意してください。軍事施設、空港などで
   の写真撮影は禁じられています。2005年2月には国境付近において軍
   事施設などを写真撮影した邦人旅行者がロシア国境警備隊(現在はタ
   ジキスタン国境保護国家委員会に移管)により身柄を拘束される事件
   も発生していますので、十分注意してください。なお、麻薬の所持・
   使用は法令により厳しく罰せられます。
 (ヘ)予防接種
    タジキスタンにおける衛生事情は極めて悪く、毎年、腸チフス、マ
   ラリア、コレラ、赤痢等の風土病の発生により多数の死者が発生して
   いるほか、野犬による多数の被害例(狂犬病による死亡例を含む)も
   報告されています。したがって、渡航に際しては、A・B型肝炎、腸チ
   フス、ジフテリア、狂犬病、破傷風等の予防接種をおすすめします。
 (ト)2005年1月及び6月並びに2006年6月にドゥシャンベ市内で発生した爆
   発事件に鑑み、政府施設等多数の人が集まる場所では警戒する、政府
   施設や欧米主要関連施設等テロの標的となり得る場所には不用意に近
   づかないなど、安全の確保には十分注意してください。また、発生直
   後の爆発現場では二次災害の危険がありますので、絶対に近寄らない
   でください。

(2)その他注意事項
 (イ)外出の際には、身の周りの安全に注意してください。特に、「渡航
   の延期をおすすめします。」の危険情報が発出されている地域にやむ
   を得ず滞在されている方は、在タジキスタン日本国大使館と緊密に連
   絡してください。また、長期滞在者の方は、不測の事態に備え、食
   料、飲料水を備蓄しておくとともに、パスポート、貴重品、衣服等を
   いつでも持ち出せるように準備しておき、さらに、退避手段について
   も常時確認しておいてください。
 (ロ)なお、アフガニスタンへの陸路での入国は極めて危険なため、厳に
   差し控えてください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロに関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3679
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在タジキスタン日本国大使館
  住所:80A, Khlopkozavodskaya St. DUSHANBE, REPUBLIC OF TAJIKISTAN
  電話: (992) 372-21-39-70
      (992) 372-21-37-24
  FAX : (992) 91-901-50-30
【2006/07/07 16:51 】 | 中央アジア地域の渡航情報 タジキスタン
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。